いぶすキッズ 子育て支援情報サイト

成長発育期における咬合(噛み合せ)育成

ご自分のお子さんのお口の中をのぞいてみると、きれいに歯と歯がしっかり噛んでいたり、上と下が反対だったり、ものすごく狭い歯列だったりそれはそれはいろいろではないですか?小学校までの乳歯と永久歯の入り交じった混合歯列期までは実に多彩なお口の様子をしています。

この成長発育期は、お子さん方にとって身長、体重と同じようにお口の中もしっかり成長して未来に備える時期です。また、お口の中の成長がちょっと遅い場合でも何らかの方法で後押ししてあげると十分成長をしていく柔軟さを持つ、非常に大きな可能性を秘めた時期です。

小学校の混合歯列期

乳歯と永久歯の入り交じった多彩な口腔内の時期。この混合歯列期までのアプローチとしては治療が複雑になる前にその原因と考えられる顎骨の基礎作りを行い、その中に歯が自然と並ぶようにしてあげることが重要です。

症例A 反対咬合(治療方針として抜歯を極力避け顎骨の成長を促し将来の骨格のベース、基礎をつくることに重点を置く。(上下の拡大と上顎の前方牽引)) 症例B 前歯の一部反対咬合(上下顎拡大)

このように早期の顎骨の骨格を適正なまでに成長させることは、次のステージに橋渡しをする上で非常に重要です。またこのような様子が見受けられましたら、かかりつけの歯医者さんにご相談してください。