SmartFAQ is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)
ホーム > 出産・育児
 カテゴリ
このカテゴリ関連の情報
カテゴリ FAQ 最新FAQ
 出産・育児
15 幼稚園の入園手続きと保育料について知りたい。

 FAQ
以下はカテゴリ内に掲載されているFAQです。
(1) 2 3 »
広報紙や、市ホームページのトップにある「日曜・祝日対応病院」をご覧になるか、当番医テレホンサービス(22-6868)へ問い合わせてください。

■担当部課係名・電話番号
健康福祉部健康増進課地域保健係(指宿保健センター)
22-2111(内線281)

 

出産時の経済的負担の軽減を図る目的で「出産育児一時金直接支払制度」という制度があります。
 被保険者は出産費用が出産一時金を上回った場合、退院時に差額のみを医療機関に支払い、下回った場合、世帯主の申請より差額を世帯主の口座に振り込みます。
 この制度を利用するためには出産する医療機関と合意文書の締結が必要となります。

■担当部課係名・電話番号
健康福祉部健康増進課健康保険係
22-2111(内線284)

 

 お子さんが3カ月を過ぎたら、すぐに受けていただきたいのはBCGと三種混合です。BCGは対象年齢が生後5カ月まで(生後6カ月になる日の前日)と短く、対象年齢を過ぎると任意接種(有料)となるため、体調のよいときに早めに受ける必要があります。また、百日せきについても母体から移行する抵抗力(免疫)が生後3カ月を過ぎると失われていくため罹患の確率が高くなりますので、3カ月を過ぎたら早めに受けることが望ましいとされています。
 BCG接種の後は、27日後から他のワクチンが接種可能で、三種混合の後は6日後から他のワクチンが接種可能となります。
 三種混合は初回の3回を20日〜56日間隔で続けて受けます。三種混合の間に他の予防接種を行うことも可能です。予防接種どうしの接種間隔に気をつけてスケジュールを立ててください。
 ポリオについては、国内では自然感染する可能性が非常に低い病気ですので、集団接種の実施時期は春と秋ということに決まっていますが、接種時期が重なった場合には他のワクチンを優先すると良いでしょう。
※なお、平成17年4月から、BCG予防接種については集団接種から個別接種へ変更になりました。

■担当部課係名・電話番号
健康福祉部健康増進課地域保健係(指宿保健センター)
22-2111(内線282)

 

【治癒した日から4週間以上あけるもの】
・麻しん(はしか)
【治癒した日から2〜4週間程度あけるもの】
 ・風しん(三日はしか) ・流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) ・水痘(みずぼうそう)
【治癒した日から1〜2週間程度あけるもの】
・突発性発しん ・伝染性紅斑(りんご病) ・手足口病 ・かぜ 等
 
※ただし、感染症の種類やその症状によって、発病後、治療までの期間が異なりますので、普通は「治療後1カ月」と考えるのがよいでしょう。

■担当部課係名・電話番号
健康福祉部健康増進課地域保健係(指宿保健センター)
22-2111(内線282)

 

 市では、子どもや保護者を取り巻くさまざまな問題の解決を図るため、家庭児童相談室を設置しています。これらの問題で困っているときは、1人で抱えこまずに、ぜひ相談窓口を利用してください。
 相談は無料で、秘密は固く守られます。また、必要に応じて、児童相談所などの関係機関を紹介します。

■関連ホームページ
家庭児童相談・婦人相談

■担当部課係名・電話番号
健康福祉部地域福祉課児童母子福祉係
22-2111

 

(1) 2 3 »