指宿市

指宿_神話紙芝居_日当山シュジュ話(2)

更新日 2016年02月20日

日当山シュジュ話(2)

シュジュが、殿様のところに、たまたま行きおったらですネ。

狩猟侍期だったらしいですよネ。〔殿様が〕「シュジュ、良かとこい来た。

鴨を---空を飛ぶ鴨---とったから食べないか」と。そしたら、〔椀についで出された〕鴨はですネ、全部、桜島大根〔ばっかし〕だったらしいですヨ。 鴨〔の肉〕はーつもなかったちゅうわけですよネ。「こら、おいしいもんだ」と。

〔それから〕そイ(それを)食べたところがですネ。 「殿様、殿様、あすこ、隼人のツッの原にですネ、鴨が沢山おるから、〔射ちに〕行きましょうか?」チ、言うたチ。

そしたところが、 「よし、今夜〔は、ここに〕泊まれ」チ。〔その夜は〕殿様のうちに泊まってですネ。

明くる朝、夜が明ける頃ですネ、馬に乗って、 みんな〔を〕畑に連れて行ったらしいですヨ。「みんな、鉄砲を持って、準備しなさい」と。そしたところが、「どこに鴨がおイか?」 ちゅうたらですネ。桜島大根がずっとくぐってあったらしいですョ。「殿様、今んうち〔に〕帽たんナ」チ、言うたらしいですョ。

そしたら、「あれは、桜島大根じゃないか」チ。「わや(お前は)、あんた(あれは)、大根じゃらはら」ちゅうたら、 「殿様は、そしたら、あたい(私)が〔殿様のうちへ〕来た(行った)時ナ、こいバ、鳴じゃチ、食べさせたじゃないか」と。

「私は、やっぱい、〔これが〕鳴かチ思じょった」チ。

〔話者 宮之前 新星清光(昭和七年三月生)〕

ホーム
教育・文化・スポーツ
文化
文化財・史跡
└ 指宿_神話紙芝居_日当山シュジュ話(2)

[2] ページ上部へ戻る
[0] トップページへ戻る

指宿市役所

〒891-0497 鹿児島県指宿市十町2424
TEL: 0993-22-2111
FAX: 0993-24-3826

お使いの機種により正しく表示されない場合がありますがご了承ください。


Copyright (C) IBUSUKI City All rights reserved.