指宿市

指宿_神話紙芝居_「お」をつける話

更新日 2016年02月20日

「お」をつける話

〔人のうちにやとわれている女郎が〕何もけん[誰てろ、かいてろ」チ、奥さんに言たなァ、「そえん、女子 は言もんじゃネ。おくさんチ、『お』をつくいもんじゃ」チ、(注意された)。

そしたや、〔今度は〕『お』をつけたや、 何でんかいでん(何にでも)『お』をつけっナ。

そしたや、こんだ、「床をふけ」チ。

---床の間のことを「床どん」チ、 言もんサ、田舎ではナ。

---「床をふかんか」ちゅたやナ、「女子どんがオトコどんにのって良かどかいナ」ちゅて。 〔奥さんは〕「も、ひったい、のさん」チ。〔そいから〕奥さんが、「もう、『お』をつけんで良か。」ちゅうたチ。そして、 「豆を湿たか? 豆を湿せ。」ちゅうたやナ、桶

---桶ちゅうとがあんさいナ

---「桶ん中ヶ豆を湿(して置い)たが!」ちゅうとこ いナ、もう「『お』をおっ取れ」ちゅたもんじやっでナ、「ケの中ヶ湿た!」ちゅたちゅでヤ。

〔話者 木之下 木之下金蔵(明治三十八年十月ハ日生)〕

ホーム
教育・文化・スポーツ
文化
文化財・史跡
└ 指宿_神話紙芝居_「お」をつける話

[2] ページ上部へ戻る
[0] トップページへ戻る

指宿市役所

〒891-0497 鹿児島県指宿市十町2424
TEL: 0993-22-2111
FAX: 0993-24-3826

お使いの機種により正しく表示されない場合がありますがご了承ください。


Copyright (C) IBUSUKI City All rights reserved.