くらしの情報 メニュー
背景色変更
ページ読み上げ

「創業塾」を開講します

更新日 2018年09月12日

市では、これから創業を目指す方又は創業後5年未満の方を対象に

創業塾を開講します。

今年度は、10月20日(土)から、毎週土曜日に全5回の講義を実施します。

創業を目指している方は、ぜひご受講ください。

詳しくは、添付ファイルをご覧ください。

平成30年度創業塾案内フライヤー.pdf

お申し込みは、指宿商工会議所(TEL:22-2473)までお早めにお申し込みください。

「創業塾」の受講によるメリット

「創業塾」は、国の認定特定創業支援等事業に該当します。

「創業塾」の講義に全て出席し、市にレポートを提出することで、創業の際に様々なメリットがあります。

【メリット一覧】

メリット1 創業前の方又は個人事業主として創業後5年未満の方が会社(※1)を設立する場合には、

登録免許税の軽減(※2)を受けることができます。

※1:会社とは、株式会社、合同会社、合名会社、合資会社を指します。

※2:株式会社又は合同会社は、資本金の0.7%の登録免許税が0.35%に軽減

(株式会社の最低税額15万円の場合は7.5万円、合同会社の最低税額6万円の場合は3万円の軽減)、

合名会社又は合資会社は、1件につき6万円の登録免許税が3万円に軽減されます。

メリット2 融資を受ける前の無担保、第三者保証人なしの創業関連保証が、事業開始6か月前から利用できるように

なります。

(通常は創業2か月前(会社設立でない場合は1か月前)から対象となります)

メリット3 日本政策金融公庫の「新規開業資金」における貸付利率引き下げの対象となります。

メリット4 日本政策金融公庫の融資制度である「新創業融資制度」の「雇用創出等の条件」及び「自己資金要件」が

緩和されます。

<注意事項>

  • 上記メリットを受けるためには、いくつかの条件および審査等があります。支援を受けた方全員がこのメリットを受けられるということではありませんのでご注意ください。
  • メリット1は、創業前の方又は創業後5年未満の個人事業主であることが要件となります。なお、指宿市内で会社を設立する場合のみ適用となります。
  • メリット2は、事業開始6か月前から創業後5年未満の方(個人事業主または法人)が対象となります。
  • メリット3は、「特別利率A」の適用対象となります。
  • メリット4は、創業前から税務申告を2期終えていない方が対象となる日本政策金融公庫の融資制度である「新創業融資制度」において、特定創業支援事業の支援を受けたと認定された方は創業資金総額の1/10以上の自己資金要件を満たすものとして利用できるようになります。