くらしの情報 メニュー
背景色変更
Loading
ページ読み上げ

ジカ熱・デング熱に注意!!

更新日 2016年06月15日

ジカ熱・デング熱は蚊(日本では、ヒトスジシマカ)が媒介するウイルス性感染症の一つです。

感染することで引き起こされる症状は、アフリカからアジア、南米にかけての赤道付近の限られた緯度の範囲で知られています。

感染してもすべての人に症状がでるわけではありませんが、発熱や関節の痛み、発疹がでるといった症状が一週間ほど続きます。

妊婦中の方

ジカ熱は妊婦が感染すると小頭症などの先天性障害をもった子供が生まれたり

デング熱では出血を伴うデング出血熱となり重症化する可能性がありますので注意が必要です。

ヒトスジシマカの発生を防ぐには、

・空き缶や遊具などのくぼみにできた小さなみずたまりを作らない。

・蚊のいそうなやぶなどに近づくときは、虫除け剤を使用したり、長袖・長ズボンを着用する。

そうする事で、蚊の数を減らすことができます。

2016デング熱_ジカ熱_発生源A2ポスター_0525 (002).pdf

お問い合わせ先

鹿児島県健康増進課 感染症保健係 電話099-286-2724