くらしの情報 メニュー
背景色変更
Loading
ページ読み上げ

指宿市次世代育成支援地域行動計画(後期計画:平成22~26年度)原案にご意見を

更新日 2016年03月18日

少子化の進行や核家族の増加により地域のきずなが弱まる中、安心して子どもを産み育てていくためには、地域全体での子育てを推進する必要があります。
このため本市は、平成19年3月に次世代育成支援地域行動計画(前期計画)を策定し、平成19年度から21年度までの3年間、未来を担う子どもたちや子育て家庭に対し、さまざまな子育て支援施策を展開してきました。

そして、社会情勢や子どもを取り巻く環境の変化などに対応するため、平成22年度から26年度までの5年間を計画期間とする次世代育成支援地域行動計画(後期計画)を、平成21年度に策定することにしました。

後期計画は、前期計画の方向性を継続しながらも、昨年度実施した「子育てに関するアンケート調査」の結果や、18名で組織する指宿市次世代育成支援対策協議会の開催を通じて必要な見直しを行い、市民や児童関係者など幅広い意見をいただきながら策定してきました。

その原案をパブリック・コメント制度に基づいて公表し、広く市民の皆さんなどから意見等を募集したところ、下記のとおりご意見等が寄せられましたので、それに対する市の考え方についてお知らせします。

意見募集の結果

1 募集期間 平成22年1月12日(火)~2月10日(水)
2 提出者数 5名
3 意見等件数 7件

提出されたご意見とそれに対する市の考え方

こちらをご覧ください。

公表した資料

指宿市次世代育成支援地域行動計画・原案