くらしの情報 メニュー
背景色変更
Loading
ページ読み上げ

胃がん・腹部超音波検診

更新日 2017年05月25日

胃がん検診

胃がんは、胃壁の内側からはじまります。粘膜を形づくっている細胞が何らかの原因でがん細胞に変わり増殖します。
早期のがんは、特に症状もなく静かに進行します。早期胃がんのうちに発見し、手術をすればほぼ治ります。

腹部超音波検診

上腹部の臓器(肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓)を対象に超音波検診を行い、胆石や慢性肝炎など、いろいろな病気の早期発見に役立っています。特にがんを早期に発見し、肝臓・胆嚢がんなどによる死亡者の減少を第一目的として実施しています。

対象年齢

40歳以上の男女(平成30年3月31日現在)

検診料(自己負担額)

○胃がん検診 ・・・1,300円
○腹部超音波検診・・・3,651円

胃がん検診については、次に該当する方は無料です。
・生活保護者を受けている人
・市民税非課税世帯員の人
・70歳以上の人
・後期高齢者医療受給者証の交付を受けている人

※ 腹部超音波検診は、受診者全員が有料です。

検査内容

胃がん検診 ・問診
・バリウムを飲んでの胃部X線間接撮影(胃透視)8枚
腹部超音波検診 ・問診
・腹部を中心とした超音波画像診断

検診日

<胃がん検診・腹部超音波検診>

注意事項

<胃がん検診>
○当日、飲食物(朝食・湯水・タバコ・ガムなど)は、一切とらないでください。
○胃を切除した人、妊娠中の人は、受けられません。
○ボタン・金具のついている衣服は、脱ぐことになりますのでご了承ください。

<腹部超音波検診>
○当日、飲食物(朝食・湯水・タバコ・ガムなど)は、一切とらないでください。
○検診当日は、上半身は脱ぎやすい服装でお越しください。また、特に女性の方はバスタオルをご持参ください。

お問い合わせ先

指宿保健センター 電話0993-22-2111(内線283)
山川支所市民福祉課健康福祉係 電話0993-34-1113(直通)
開聞支所市民福祉課健康福祉係 電話0993-32-3111(内線125)