くらしの情報 メニュー
背景色変更
Loading
ページ読み上げ

指宿_神話紙芝居_見通イのす

更新日 2016年02月20日

神話紙芝居

見通イのす

嬢さんが、ワッゼーぜいたく〔を〕すっ嬢さんがおって、そん亭主は、ワッゼー働く人間じゃったたっちナ。そして、〔その男が〕「も、こしこ働れっ、ひとっもお金がたまらんが妙じやっ」と思っ、旦那方へ行たっナ、

---〔その男の仕事は〕魚売いやったちナ---「魚はよかか?」ちゅたや、「まわって来い。まわって来エ」ちゅうとこいナ、 「あっちから来エ、あっちから来エ」ちゅっ、やっぱい(いつも)、はっ去っごったちナ。そしたや、一度は聞っわけっ、後からまわって行たっナ。 そしたや、そん旦那が、〔魚を〕買っくれたチ。〔そして〕「魚を売ってされっ、どしこばっかいもうかっか?」ちゅたや、 「こしこばっかい、もうかっ」ちゅっせえナ、何もケン言たちゅもんさナ。そしたや、「チッタ、たまいはっじゃっどん」ちゆっせえナ。 「ひとっも、たまっちゃおらんな、そんなら、明目、俺ゲェ、弁当持っチェ加勢〔に〕来っくれ」ちゆっせえナ。〔男が行ってみると〕大か樽〔を〕バ、

---底をうっぽげた樽ユ---砂ん上イ乗せっナ、朝から晩ずい、水〔を〕汲ませたチ。そしたや、ネッカラ(すべて)水じャ 〔砂が〕すうもんじやっで、朝から晩ずい、一生懸命〔に〕なって汲んでん、たまらんたっでや、そやナ。そしたや、こんだ、あくる日も 「また、来てくれ」ちゅっせえナ、こんだ樽ィ〔底を〕入れっせえ、ついべ(つるべ)ん底をバ、うっぽげたとをバ、 やったやナ、一生懸命、汲んだや、タラ、タラち、垂るっひこがナ、こい(樽)が、底がいっじょっもんじやっで、 たまったちゅもんサ。ちっとは。そしたや、「わいげん (お前のうちの)所帯は、こえん調子じやっ」チ、 「女子が底をうっぽげおっで、いくら働いたとこいでが、たまらん」 チ、ゆっナ。〔それ〕で、そら、〔男は〕 「妙なこっじゃっ」ちゅっおっせえ、こんだ、また、〔嬢さんには〕「仕事ィ行っ」ちゅっおっせえナ、こんだ、また、欲っごろ小父さんじやっもんで、「遊っ おやならんが」と思っナ。

---昔ャ、箸、あん、竹ん箸をナ、ご飯ヌ食もっあゆバ、幾つん切いチ、 引っ切ってきてナ、

---家のそらで、箸〔を〕けずったたっチ。そして箸をけずって、〔天井から、そっと〕女子がすっとこゆバ、やっぱい、 見ちおったがないでんナ。そしたや、 〔女子が〕ぜいたっなこつバして、亭主が戻っくっ間、ぜいたっな生活ュしおったがなんでん。で、亭主が戻って来〔たふりをし〕て、 「今、戻ってきた」チ、言っきたチ。そしたや、〔男が〕〔きょうは〕何した。かいした。」ちゅっせえナ、「俺、今日は、良かー・・・。」

---ま、ひとちゃ、そん竹ん筒をばナ、〔まだ〕割いとって、箸を作っちゃおらんかったちゅわいナ。

そして---俺ヤ、きゅは、良かとをバもろっきた。 『見通ィのす』チ、わい(お前)が、今日は何ィ〔を〕したチこちゃ、ネッカイ(すべて)・・・ネッカイ、こして(こうして) 見れば〔わかる〕」ちゅたや、〔女が〕「どら、そんなら、あたいも(私にも)見せ」ちゅたや、

---竹ん筒じやったたっで 〔実は〕見っからんたっでナ。

---「誰もかいも見れバ(見ても)わからん。俺が見ればわかったっ」チ、ゆっ。そして、「きゅは、わい(お前) は何ユしたどが。何した、かいした」チ、ネッカイ、 言たがなんでん。

---〔午〕前から見ておったっでやナ。

---そしたや、「じゃっ」チ。「俺ゲェん人ゃ、『見通ィのす』ちゅとを持ってきて、俺ィがしたこちゃ、今日は、ネッカイ、わかった。 もう、こら、悪こちゃしあなあん」ちゅっナ。そいから「悪こちゃしあなあん」 ちゅっナ。そいから、悪こちゅ(ぜいたくを)せんごっなったたっちナ。で、そいが、〔今度は〕世間にずっとはやった (聞こえた)ちナ。そしたや、〔世間の人が〕そん『見通ィのす』をバ尋ねっ来て、「調べっもろォ」ちゅたやナ、そいが、 惑が良かちゅか、〔よく〕当ィおったちゅわナ。こうして見イ回すっ真似をして。そしたや、天皇陛下んナ、たか帽子が無ゴッなったチ。 ほしたや、靴とたか帽子が無ゴッなってナ、〔尋ねに来たので〕そいナ(それには)心配して、もう、ソラ、「出来ん」ちゅえば、やっせんごあい。 「出来っ」ちゅえば、「当たらんたっが」と思っナ。

---心配〔を〕して暮れたちナ。そしたら、もう、朝から晩ずい、 こうして〔あちこち〕見てされたや、腹もヘィして。

---神さまに何かそん、供もんがしてあったがなんでん、牡丹餅がナ。

---で、そいバ、も、そん、イッ食たがないでん。---猿が米て食〔う〕たいナ、ねずんが来てイッ食たいすっ とをバ、そん人が、ま、 〔猿などが〕来ンうち〔に〕イッ食てナ。 そしたや、「今日は、人間が食た」チ。そしたや、そゆバ、「わいが(お前が)『見通イのす』 〔ちゅうても、本当は〕何じゃい知たんじおって『見通イのす』ちゅが、あいか」チ、そい共(猿など)が笑っナ。猿などが。 そうしたや、「天皇陛下ん帽子ゃ、どけ(どこに)、あらハラ。靴ちゃどけ、あらハラ」ちゅうかたナ、そして、言たチ。 〔それを聞いたので〕「んにゃコラ、も、良コチュした」ち思っナ、そして、行たっみたや、 川原土手んナ、石かけん上ン、瓦ん下テ、靴ドがあったちでやナ。ほして、こうして見たや、〔靴などが〕あって、 〔それから〕「はあ、今、わかりました」チ、「竹ん筒を見っ見て、わかった」ちゅっナ。ほして〔人を〕来させっ、 「コケ、あっ」ちゅっナ、ゆたち。ほして、もう、天皇陛下がワッゼエ(すごく)ほうびをくれっ(くださり)。ほして、 「もう、老齢なったや、目が悪なってヽひょっと見っからんごっなった」ちゅっせえナ、そい限イで、〔占いは〕ことわったちゅもんサ。

〔話者 木之下 木之下金蔵(明治三十八年十月ハ日生)〕