くらしの情報 メニュー
背景色変更
Loading
ページ読み上げ

山川_神話紙芝居_かめ割り坂

更新日 2016年02月19日

かめ割り坂

その昔、豊玉姫が龍宮から千年酒を持参して、開聞神社に献納しようと無瀬浜に上陸した。 開聞へ向かう途中、酒がめを落として割ってしまった。そこで、ここを「かめ割り坂」と呼ぶようになったという。 また大宮姫が郷里開聞へ帰るときに、二つのかめが海上に浮いて船のあとをついてきた。姫が無瀬浜に上陸して開聞へ向か う途中、この坂で一つのかめが割れてしまったので、この名がついたともいう。