くらしの情報 メニュー
背景色変更
Loading
ページ読み上げ

災害

更新日 2016年04月07日

危険な土地では早めに避難しましょう

大雨や台風の到来は、天気予報などで予測できるからと安易に考えてはいけません。大雨や台風は、私たちに何度も大きな災害をもたらしています。指宿 市では、平成12年6月25日の午前5時30分~ 6時30分の1時間に105mmの大雨が降り、220棟が床上・床下浸水しました。幸い当日は小潮でしたが、もし大潮と重なっていたら大災害となるところで した。このことからも、次のような危険な土地に居住されている方々は、早めに避難するようにしてください

  1. 裏山が、ガケ崩れのおそれのある土地に住んでいる人
  2. 盛土等の造成地で、豪雨により地盤が緩み崩れるおそれのある土地に住んでいる人
  3. 高波による被害が予想される海岸(湖岸)地帯の土地に住んでいる人
  4. 大雨と大潮とが重なり、洪水に見舞われるおそれのある土地に住んでいる人

降雨量を知りたい場合

テレフォンサービス 099-214-7070

気象情報の種類

《注意報》=災害が起こるおそれがある場合
※1時間の雨量が30~50mm「大雨注意報」(バケツをひっくり返したような雨)

《警 報》=重大な災害が起こるおそれがある場合
※1時間の雨量が50mm以上「大雨警報」(滝のように降る雨)