くらしの情報 メニュー
背景色変更
Loading
ページ読み上げ

入院時食事療養費について

更新日 2017年06月28日

入院中の1日の食事にかかる費用のうち一部(標準負担額)を被保険者の方々に負担していただき、残りを入院時食事療養費として国保が負担します。

入院中の食事代の標準負担額(1食あたり)

一般(住民税課税世帯) 360円(平成30年3月まで)
460円(平成30年4月から)

住民税

非課税

90日までの入院 210円

90日を超える入院(過去12か月の入院日数)

160円
70歳以上の人で所得が一定基準未満 100円

※住民税課税世帯は、段階的に引き上げられます。

住民税非課税世帯の方は、健康保険係で『標準負担減額認定証』の交付申請をして、認定書を医療機関の窓口に提示してください。窓口の提示がないと減額されません。

申請のあった月から適用になりますので、入院されたら早めに保険証・印鑑を持って申請してください。入院が90日を超える場合はさらに減額されますので、入院期間を確認できるもの(領収書など)を持参のうえ再度申請してください。

お問い合わせ先

健康福祉部 健康増進課 健康保険係 電話0993-22-2111