くらしの情報 メニュー
背景色変更
Loading
ページ読み上げ

平成24年度個人市・県民税の改正

更新日 2016年02月16日

平成24年度の市・県民税から次の改正が実施されます。

扶養控除の改正

(1)年少扶養親族(16歳未満)に対する扶養控除(33万円)が廃止されます。
(2)16歳以上19歳未満の扶養親族に対する控除の上乗せが廃止され、控除額が45万円から33万円に変更になります。

※扶養控除の改正に伴う措置

(1)非課税限度額の計算には、年少扶養親族の数を含めて計算します。
(2)障害者控除は、年少扶養親族にも適用されます。このため、扶養控除に加算されていた同居特別障害者の加算(12万円)は、障害者控除に加算されます。
(3)寡婦控除の要件のひとつである扶養親族の有無には、年少扶養親族も含まれます。

寄附金税額控除

(1)寄附金税額控除の下限額が5,000円から2,000円に引き下げられます。
(2)東日本大震災に対する義援金等は、日本赤十字社や中央募金会などに寄附された場合も「ふるさと寄附金」として税額控除の適用が受けられます。

お問い合わせ先

税務課 市民税係 電話0993-22-2111 (内線221)