くらしの情報 メニュー
背景色変更
Loading
ページ読み上げ

「錦江湾あったまる~と」が日本風景街道の重点支援ルートに選定されました。

更新日 2017年04月18日

「錦江湾あったまる~と」について

国道226号から指宿~南薩へ通じる「錦江湾あったまる~と」が,日本風景街道戦略会議事務局(国土交通省所管)が公募した「日本風景街道(シーニック・バイウェイ・ジャパン)」の一つとして,重点支援ルートに選定されました。 重点支援ルートは,日本風景街道(シーニック・バイウェイ・ジャパン)の全国展開のためのモデル的なルートとして,日本戦略会議の委員の視察等により今後の展開が期待されます。

※ 日本風景街道(シーニック・バイウェイ・ジャパン)とは,自然,歴史,文化,風景などをテーマとして,都市部や郊外部の特徴に応じた美しく,味わいのある,地域づくり及び道空間づくりの支援を通じ,地域に応じた,「訪れる人」と「迎える地域」の豊かな交流による地域活性化を目指すものです。

錦江湾あったまる~との概要

1 ルート名称

錦江湾あったまる~と

2 取組みテーマ

あったかさ(風景,気候,温泉,人)を活かした地域,道づくり

3 ルート・エリアの範囲

桜島~鹿児島~指宿~南薩の各ブロックを結ぶルート

4 コンセプト

  • 風景・温泉・人などの地域の魅力(あったかさ)を再認識し,それを道空間でうまく活用することによって地域の活性化を目指す。
  • 各々のブロック(地域)を「あったかさ」というテーマで結び,「訪れる人」と「迎える地域」の豊かな交流を促進するためのネットワークを形成する。
  • 錦江湾エリアを中心に,エリア内の活動の充実とエリア外への拡大・連携を図る。

5 指宿ブロックの活動方針

日本一のおもてなしの心に満ちた住民の参画を基本とした,花と緑の自然あふれるゆとりと潤いに満ちた道づくり,肥沃な台地と豊かな海洋資源を活かした食糧供給基地をつなぐ道づくりをすすめ,花と緑の国際観光地の実現を目指します。

6 構成団体

桜島・鹿児島・指宿・南薩の各ブロック加入民間団体の集合による「錦江湾あったまる~と推進協議会」とその活動を支援する行政団体(国・県・各市)による行政連絡会により構成されています。
今後は,地域団体と連携のもと,この「錦江湾あったまる~と」をより魅力あるルートにしていく予定です。皆様のご協力をよろしくお願いします。

ダウンロード、リンク

錦江湾あったまる~ととは

日本風景街道とは

日本風景街道戦略会議

鹿児島国道事務所

お問い合わせ先

総務部 市長公室 企画調整係 電話0993-22-2111(内線128)