くらしの情報 メニュー
背景色変更
Loading
ページ読み上げ

報恩謝徳

更新日 2017年11月01日

市長が日頃思っていることを綴った随想です
広報紙にも毎月掲載しています

平成29年度

  1. 4月号 花の散る 拍子に急ぐ 小鮎かな
  2. 5月号 あらたふと 青葉若葉の 日の光
  3. 6月号 紫陽花や はなだにかはる きのふけふ
  4. 7月号 稲妻の 遠くに光る 花火かな
  5. 8月号 枝豆や 三寸飛んで 口に入る
  6. 9月号 秋の野に 乱れて咲ける花の色の 千種にものを思うころかな
  7. 10月号 福に徳あり ふぐに毒あり
  8. 11月号 昨日は今日のいにしへ 今日は明日の昔

平成28年度

  1. 4月号 あせらず急がず
  2. 5月号 老いて尚 なつかしき名の 母子草 高浜虚子
  3. 6月号 紫陽花や きのふの誠 けふの嘘 正岡子規
  4. 7月号 松山散歩~子規がいて漱石が来る城下町~
  5. 8月号 これは これは これは 今年の熱さかな 子規
  6. 9月号 素志貫徹~未来への投資~
  7. 10月号 秋本番です。
  8. 11月号 須賀川の牡丹の木のめでたきを炉にくべよちふ雪ふる夜半に 北原白秋
  9. 12月号 流れ行く 大根の葉の 早さかな 高浜虚子
  10. 2月号 鬼は内 福は内
  11. 3月号 願はくは 花の下にて 春死なむ そのきさらぎの 望月のころ

平成27年度

  1. 4月号 春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえて すずしかりけり(道元)
  2. 5月号 こどもの日
  3. 6月号 雨とアジサイ
  4. 7月号 時は流れて そして夏本番!
  5. 8月号 朝顔に つるべ取られて もらひ水
  6. 9月号 夏から秋へ
  7. 10月号 会話の効用
  8. 11月号 霜降月の頃
  9. 12月号 命の奇跡
  10. 2月号 探梅や 遠き昔の 汽車にのり 山口誓子
  11. 3月号 世の中に 絶えて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし(古今和歌集)

平成26年度

  1. 5月号 頑張れ新人
  2. 6月号 金子みすず
  3. 7月号 ふるさとの祭り 私の誇り
  4. 8月号 お盆のころ
  5. 9月号 秋の風景
  6. 10月号 天高く馬肥ゆる秋
  7. 11月号 我が生は淋しからずや日記買ふ(虚子)
  8. 12月号 一燈照隅 萬燈照国
  9. 2月号 如月(きさらぎ)
  10. 3月号 お・も・て・な・し

平成25年度

  1. 4月号 春 四月 ~故郷で育つ~
  2. 5月号 風吹けば 来るや隣の鯉幟
  3. 6月号 目には青葉 山ほととぎす 初鰹
  4. 7月号 アロハの精神
  5. 8月号 心は見えないの?
  6. 9月号 稲刈り月に想う
  7. 10月号 秋の誘い
  8. 11月号 自然の営み
  9. 12月号 うしろから 追はるゝやうな 師走哉

平成24年度

  1. 4月号 新幹線考 ~旅立ちのころに想う~
  2. 5月号 母の日 老いて尚 なつかしき名の 母子草(高浜虚子)
  3. 6月号 梅雨と梅 ~梅の実が熟すころ~
  4. 7月号 ロンドン五輪
  5. 8月号 命の尊さ
  6. 9月号 四季の変化に寄り添って
  7. 10月号 時津風(ときつかぜ)
  8. 11月号 形見とて何残すらむ春は花 夏ほととぎす秋は紅葉(良寛)
  9. 12月号 いそがしく時計の動く師走哉(子規)
  10. 2月号 二月の声
  11. 3月号 巨人、大鵬、玉子焼き(第四十八代横綱大鵬を偲ぶ)

平成23年度

  1. 4月号 小さなことを一歩ずつ ~新年度 想いを大切にしたい~
  2. 5月号 東日本大震災 ~一日も早い復興願う~
  3. 6月号 島津雨 ~雨を見つめ水を思う~
  4. 7月号 東日本大震災に想う ~「私」と「公」の焦点~
  5. 8月号 夏! ~そのときどきの風景~
  6. 9月号 風を読み、秋を読む ~小さい秋、見つけたい~
  7. 10月号 吾も亦 紅なりと ひそやかに (高浜虚子))
  8. 11月号 柿は渋きより甘きに入り 人は甘きより渋きに入る
  9. 12月号 映画「男はつらいよ」にみる地域の風景
  10. 2月号 2月 ~如月のころ~
  11. 3月号 「山笑う」ころ ~休眠打破で迎える春~

報恩謝徳

受けた恵みや恩に対して報いようと、感謝の気持ちを持つこと。
「恩に報い徳に謝す」と読む。