くらしの情報 メニュー
背景色変更
Loading
ページ読み上げ

鹿児島県高病原性鳥インフルエンザ防疫演習

更新日 2016年09月01日

県主催による高病原性鳥インフルエンザの発生を想定した実務実践型演習が、開聞総合体育館及び指宿中央家畜市場で開催され、開催市の市長として出席しました。
今回の防疫演習には、県内の生産者、生産者団体、畜産関係団体、国、大学、行政機関等が一堂に集まり、仮設基地での作業の流れ・防護服の着脱、捕鳥・運搬等の実務演習が行われました。
開催にあたり、「今回の防疫演習が有意義なものとなるよう、そして何より県内において鳥インフルエンザ等の家畜伝染病が今後も発生しないことを祈念し、また、演習後は指宿の食や温泉で演習の疲れを癒していただきたいと思います」とあいさつしました。