くらしの情報 メニュー
背景色変更
Loading
ページ読み上げ

トピックス: 2013年2月

スポーツ合宿奨励品贈呈式(シマノレーシング)

更新日 2016年02月12日

サイクルロードレースのプロチーム「シマノレーシング」が、指宿で合宿を行います。その歓迎の意を込めて奨励品贈呈式を行いました。 当日は、鹿児島県志布志市から約140kmを走行し指宿入りしたとのことで、選手の皆様に歓迎のあいさつを申し上げ、市から特産品や奨励金を贈りました。チームには、指宿の上吹越地区出身の大久保修一さんもメカニックとして合宿に参加しております。

指宿菜の花狂句大会

更新日 2016年02月12日

薩摩狂句「にがごい会」主催による狂句大会に出席いたしました。県内各地からご参加いただいた愛好家の皆さんに、歓迎のあいさつを申し上げました。

僕の夢私の夢作文コンクール表彰式

更新日 2016年02月12日

「太平次顕彰ヤマキの会」主催による作文コンクールの表彰式が中央公民館で行われました。市内の中学2年生を対象に毎年募集しているもので、今年は美容師になる夢を書いた南指宿中学校2年の上久保実結さんが最優秀賞に選ばれました。表彰式のあと「皆さんの作文を読んで、『新たな夢を見つけよう、明日から元気にがんばろう』という気持ちになりました」とあいさつを申し上げました。

スポーツ合宿奨励品贈呈式(ヤマハ野球部)

更新日 2016年02月12日

2月19日から28日まで、ヤマハ硬式野球部の皆様が本市で合宿を行います。20日に市営球場で贈呈式を開催し、歓迎のあいさつのあと、指宿市から黒毛和牛などの奨励品を贈呈しました。

九州オールドカーフェスタin指宿かいもん実行委員会

更新日 2016年02月12日

かいもん山麓ふれあい公園で毎年開催される、九州オールドカーフェスタの実行委員会を行いました。例年1万人を超える来場者で賑わう大会ですが、より充実したものとなるように、日程や内容について協議いたしました。

自転車専用通行帯開通セレモニー

更新日 2016年02月12日

JR指宿駅から摺ヶ浜温泉街まで、自転車事故防止のための自転車専用通行帯が設置され、そのオープニングセレモニーが開催されました。鹿児島県では初めてとのことで、「指宿がこれからのモデル事業となるのではないでしょうか。観光客や市民の皆さんが自転車でまちを探索する光景が増えることを楽しみにしています」と挨拶いたしました。

第36回新西方区民まつり

更新日 2016年02月12日

新西方中央公民館で開催された区民まつりに参加いたしました。地元産の農作物の品評会や演芸大会などの催し、婦人会の皆様による芋煮とおにぎりのふるまいを楽しませていただきました。
また新西方地区は、本年度「鹿児島県共生・協働のむらづくり運動表彰事業」において、「鹿児島県知事賞」を受賞されており、その伝達を行いました。

県下一周市郡対抗駅伝競走大会 指宿チーム出発式

更新日 2016年02月12日

16日から5日間、鹿児島県下一周駅伝が開催されますが、指宿チームの出発式が指宿市役所で行われました。選手やスタッフの皆様へ「市民全員で皆様を応援します。最高の走りで、指宿に春を、勇気を、感動を与えて欲しいと思います」とエールを送りました。

スポーツ合宿奨励品贈呈式(浦和レッドダイヤモンズ)

更新日 2016年02月12日

2012年J1リーグ3位の浦和レッズが、2月18日まで指宿で春季キャンプを行います。その歓迎の意を込めて、奨励品贈呈式を行いました。激励のあいさつを申し上げたあと、県や市、地元団体から、黒豚やそらまめなどの特産品が贈られました。

薩摩伝承館開館5周年記念イベント

更新日 2016年02月12日

薩摩や中国の美術品を展示する薩摩伝承館が開館5周年を迎え、記念式典が開催されました。「薩摩伝承館は指宿の宝、指宿の誇り。もっともっと市民に広まってほしい。応援団のひとりとして、これからも支援していきたい」とお祝いの言葉を申し上げました。

比島戦没者慰霊行事合同会議

更新日 2016年02月12日

3月27日に開催される比島戦没者慰霊祭の合同打ち合わせ会に出席しました。冒頭であいさつを申し上げ、その後当日の実施内容などについて協議致しました。

スポーツ合宿奨励品贈呈式(柏レイソル)

更新日 2016年02月12日

今年のサッカー天皇杯を優勝した柏レイソルが、2月2日から10日まで指宿で春季キャンプを行います。4日に奨励品贈呈式が開催され、県や市、地元団体から、黒豚やそらまめなど指宿の特産品が贈られました。

山川高等学校「営農の門出を励ます会」

更新日 2016年02月12日

山川高校を卒業し、農業関連に就職する6名の生徒の皆さんの門出を祝す会が開催されました。あいさつでは、「校訓に『自立・創造・奉仕』とありますが、皆さんの『想像』をもって農業の可能性を広げてください。指宿市、そして鹿児島県を担う営農者となれるように、我々も支援致します」と申し上げました。その後、金柑の木を記念樹として贈呈しました。