くらしの情報 メニュー
背景色変更
Loading
ページ読み上げ

トピックス: 2015年4月

指宿警察署池田駐在所落成式

更新日 2016年02月13日

池田校区公民館にて、池田駐在所の落成式が行われました。
昭和53年に建設された旧駐在所は、建物の老朽化が進み、駐車場や事務所も狭く、利用される方々に不便をかけていたとのことで、関係者の協力の下に新築されたものです。
あいさつでは、「住民の皆さんと一緒になって池田地域を盛り上げ、そして生活の安全を守っていただければありがたいと思います。池田駐在所が、そのための拠点となりますよう心から祈っています」と申し上げました。

アロハ健幸ウオーク&アロハ宣言

更新日 2016年02月13日

「アロハ健幸ウオーク&アロハ宣言」が、市営陸上競技場にて開催されました。
明るい南国のイメージと観光客を温かく迎えるアロハ精神を高めるとともに、エコファッション推進のため、指宿市民は10月までユニホームとしてアロハ・ムームーを着用することを宣言しました。
その後、「健幸ロード」(市営陸上競技場からなのはな館周辺に整備されているウオーキングロード)でのウオーキングとお楽しみ抽選会も行われました。

近畿指宿会総会

更新日 2016年02月13日

大阪市で行われた近畿指宿会(上野至大会長)の第40回記念総会に出席しました。
約200人の会員の皆様を前に、「お互い絆を大切にしながら、そしていい言葉をたくさん交わしながら、『なんつあならん』みなさんとふるさと指宿を語りましょう」と鹿児島弁を交えてのあいさつをしました。
総会では、勇退される田中前会長に感謝状を贈呈し、親睦交流会では第40回記念総会ということでモノマネショーのほか、恒例の総踊り、指宿の特産品が当たる抽選会などを楽しみながら、故郷のなつかしい思い出、指宿への熱き思いを語り合いました。

指宿市政事務嘱託員委嘱状交付式

更新日 2016年02月13日

指宿市民会館において、市政事務嘱託員への委嘱状交付式が行われました。
今回、65人の方々へ新たに委嘱し、永年勤続退職者として9人の方々を表彰しました。
あいさつでは、「地域コミュニティによる共生・協働の地域社会づくりにまい進・ご尽力されていることに対しお礼を申し上げます。今後とも、皆様や市民の皆様と英知と行動力を集結して市政運営に全力で取り組んでまいりたい」と申し上げました。

ゾーン30供用開始式

更新日 2016年02月13日

丹波小学校体育館にて、指宿警察署長、丹波小学校PTA会長、丹波校区公民館長等、関係者出席の中、ゾーン30供用開始式が行われました。
ゾーン30とは、通学路・生活道路における歩行者、特に児童生徒などの登下校時における安全を確保するため、区域(ゾーン)を定めて時速30キロの制限速度を実施するとともに、道路整備や意識啓発などソフト・ハード両面からの対策により、ゾーン内の速度制限や交通量抑制などを図る交通安全対策のことです。
開始式には丹波小学校の1、2年生も参加しており、あいさつの中で、ゾーン30の意味を説明するとともに、登下校の交通安全について話をすると、児童は元気な声で応えてくれました。

南薩地区体育協会連絡協議会理事会・評議員会

更新日 2016年02月13日

南薩地区内4市体育協会の連携を図り、地区社会体育の振興に寄与することを目的に設置されている標記協議会の理事会及び評議員会に会長として出席しました。
5年後には、東京オリンピック・パラリンピック、そして鹿児島国体・全国障害者大会が開催されます。競技力向上だけでなく、子どもたちの育成も大きな課題となっています。「南薩は一つ」を合言葉に、南薩地区が一体となって県民体育大会やオリンピック等でも活躍できるようお互いに頑張りたいと思います。

指宿港海岸事務所業務開始式

更新日 2016年02月13日

国土交通省九州地方整備局の指宿港海岸事務所にて、業務開始式が行われました。
この度開所した同事務所は、昨年4月に決定された「指宿港海岸直轄保全施設整備事業」を進める上での前線基地となります。
本年10月には、指宿港海岸の離岸堤工事が始まる予定です。指宿港周辺の住民の安心安全な生活の確保と市の活性化のためにも、引き続き国、県、そして指宿港海岸保全推進協議会等と連携し、指宿港海岸の早期供用開始に努めたいと思います。

指宿観光大使(黒岩功氏)表敬訪問

更新日 2016年02月13日

指宿市では、市の観光スポットや特産品等を県外で幅広くPRする「指宿観光大使」を委嘱しています。今回、観光大使の一人で、ル・クログループオーナーシェフの黒岩功氏(指宿商業高校卒)を表敬訪問しました。
同氏は、母校が開催する指商デパートにて地元食材を利用した「フレンチレストランin指商デパート」を出店し、同イベントにおける目玉の一つとなっています。
また、同氏が1号店として出店したフレンチレストラン「ル・クロ」は、本年11月に15周年を迎え、一昨年12月には本場パリにも出店しています。本年4月には、5号店となる「ル・クロ丹波邸」をオープンしたばかりと大変お忙しい中での訪問でしたが、黒岩氏を始めスタッフの皆さんの素敵な笑顔に元気をいただきました。

第11回関西かごしまファンデー

更新日 2016年02月13日

京セラドーム大阪で開催された、第11回関西かごしまファンデーに出席しました。
同イベントは、鹿児島県の特産品や農林水産物、観光などを広く関西にアピールし、郷土鹿児島の町おこしに寄与することを目的に、関西鹿児島県人会総連合会が主催する物産観光展です。
ステージでは、岡千秋&大城バネサさん、島津悦子さん、伍代夏子さん等の芸能ショーなどもあり、約36,000人の来場者でにぎわいました。

平成27年度第1回県市長会定例会

更新日 2016年02月13日

県市長会の定例会が、鹿児島市にて開催されました。
会では、地方税収の安定的な確保、高速道路網等の早期整備、そして港湾等の整備促進など、19件の要望事案等について協議しました。これらの事案が実現するよう、県市長会から国や関係機関等へ要望します。

転入教職員宣誓式

更新日 2016年02月13日

市内の各学校や教育委員会に赴任された教職員54人の宣誓式が、市民会館にて行われました。
あいさつでは、「市としましても、先生方が力を発揮しやすい環境整備に努めてまいります。未来を担う、そして指宿を担う子どもたちを育てていただきたいと思います」と申し上げました。
宣誓式終了後は、ソラマメや茶節、パッションフルーツジュースなどの特産品でもてなし、交流を深めました。

指宿市子ども発達支援センターさつき園入園式

更新日 2016年02月13日

さつき園で入園式が行われ、本市から6人、南九州市から2人の園児が入園しました。
あいさつでは、「これから、さつき園でたくさんの友だちと遊んで、本を読んだり、先生と楽しく話をしたりしてもらいたいと思います。子どもたちは、指宿市、南九州市の市民にとっても、かけがえのない宝です。一緒になって、皆さんのお子様の療育を支援していきたいと思います」と申し上げました。

高等学校入学式

更新日 2016年02月13日

市内の3高等学校で入学式が行われ、292人の生徒が入学しました。
指宿商業高等学校の入学式に出席し、「高校の入学式は、とても大切な節目です。今まさに、竹の子が大きく伸びようとしています。周りの方々に支えられながら、本校で思う存分、精一杯頑張ってください。皆さんの成長を期待しています」と祝辞を述べました。

中学校入学式

更新日 2016年02月13日

市内の5中学校で入学式が行われ、344人の生徒が入学しました。
西指宿中学校の入学式に出席し、「縁あって同じ中学校に入学した皆さんで、助け合いながら頑張っていただきたいと思います。嬉しいときには嬉しさを分かち合い、悲しいときには悲しさを分かち合う。そうすることで、喜びは2倍にも3倍にも、悲しみは2分の1にも3分の1にもなります。中学校は良き友を見つける場でもあり、自分の居場所を見つける場でもあります。先輩や先生方とともに、精一杯羽ばたいてほしいと願っております」と祝辞を述べました。

小学校入学式

更新日 2016年02月13日

市内の12小学校で入学式が行われ、368人の児童が入学しました。
開聞小学校の入学式に出席し、「学校は、楽しい所です。お兄さんもお姉さんも、とても優しい方々ばかりです。先生と楽しくお勉強をして、お友達と助け合いながら仲良くしてください。そして、朝ごはんをたくさん食べて、学校に来たら元気に運動場を走り回る1年生になってほしいと思います」と祝辞を述べました。

指宿市消防団辞令交付式・退団者感謝状授与式

更新日 2016年02月13日

サンシティホールいぶすきにて、新たに消防団に入団した団員及び幹部となった団員等に対する辞令交付式が行われました。
あいさつでは、「崇高なボランティア精神のもと、自らの生業を持ちながら消防団活動に取り組んでいただきます。大変な苦労もあるかと思いますが、心身ともに健やかなる消防団員としてご尽力ください」と申し上げました。
また、昨年度をもって退団された方々への感謝状贈呈式も行われました。長きにわたり、誠にありがとうございました。

指宿市交通安全市民運動推進協議会

更新日 2016年02月13日

標記の協議会が、中央公民館にて開催されました。
本推進協議会は、市民総ぐるみで交通安全活動を積極的に行うことにより交通事故防止を図り、公共の福祉の推進に寄与することを目的としています。
あいさつでは、「間もなく、子どもたちが真新しいランドセルを担いで学校に行く姿が見られます。子どもたちが安心・安全に登下校できるまちとなるよう、皆さんのご協力をお願いします」と申し上げました。