くらしの情報 メニュー
背景色変更
Loading
ページ読み上げ

指定地域密着型サービス及び指定地域密着型介護予防サービス事業所等の人員,設備及び運営に関する条例制定に係る意見募集について

更新日 2016年03月04日

指定地域密着型サービス及び指定地域密着型介護予防サービス事業所等の人員,設備及び運営に関する条例制定に係る意見募集は終了しました。

指宿市指定地域密着型サービス及び指定地域密着型介護予防サービス事業所等の人員,設備及び運営に関する条例の作成にあたり,市民の皆さまからご意見を募集しましたが,ご意見はありませんでした。
以下,意見募集の際の内容です。

本市では指定地域密着型サービス及び指定地域密着型介護予防サービス事業所等の人員設備及び運営に関する条例制定について市民の皆様の意見を募集します。

1 条例制定の背景

地域密着型(介護予防)サービス事業所の人員,設備及び運営に関する基準等については,現在厚生労働省令で定められていますが,「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律」及び「介護サービスの基盤強化のための関係法律の整備に関する法律」の制定に伴い,厚生労働省令を基準として,市町村が地域の実情に応じて自らの判断と責任により条例で定めることとなりました。

2 条例の制定について

条例を定めるにあたって介護保険法や厚生労働省令で定められていた基準は,「従うべき基準」,「標準」,「参酌すべき基準」の3種類に分類されました。
本市では,現行の基準のとおり条例に盛り込むものとしますが,「参酌すべき基準」については,現行基準を変更しても適正な運営が可能で改正することが望ましい点があれば検討していただきたいと考えておりますのでご意見を募集いたします。

「従うべき基準」 現行の法令の内容に従う
「標準」 通常よるべき基準としつつ,合理的理由の範囲内で変更可能
「参酌すべき基準」 現行の法令の内容を十分参酌し市独自の内容を定めることが可能

3 公表する資料

(1)指定地域密着型サービス及び指定地域密着型介護予防サービス事業所等の人員,設備及び運営に関する条例制定に係る意見募集の実施について

(2)(仮称)指定地域密着型サービスの事業の人員,設備及び運営に関する基準を定める条例

(3)(仮称)指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員,設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例

(4)(省令)指定地域密着型サービスの事業の人員,設備及び運営に関する基準

(5)(省令)指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員,設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準

(4)(5)の基準の各条の赤ラインは「従うべき基準」,青ラインは「標準」,ラインなしは「参酌すべき基準」

4 公表する場所(市ホームページ以外)

健康福祉部長寿介護課介護保険係 TEL0993-22-2111(内線254)
山川支所市民福祉課健康福祉係 TEL0993-34-1114(直通)
開聞支所市民福祉課健康福祉係 TEL0993-32-3111(代表)

5 募集要項

(1) 意見等の募集期間
平成24年9月12日(水)~ 平成24年10月12日(金)

(2) 意見等の提出方法
所定の様式により,下記のいずれかの方法で提出して下さい

1 郵送 〒891-0497 指宿市十町2424番地
健康福祉部長寿介護課介護保険係
2 FAX 0993-24-4342
3 メール choju@city.ibusuki.lg.jp
4 直接持参 健康福祉部長寿介護課または山川・開聞各支所市民福祉課にお持ち下さい

※意見提出の様式(Word形式)はこちらからダウンロード出来ます。(公表する場所でも配布しています。)

6 意見の取り扱い

お寄せいただいたご意見は,「指宿市パブリックコメント制度実施要綱」に基づいて取り扱い,市条例の制定の参考にさせていただきます。なお,個々のご意見に対する回答は行いませんのでご了承ください。

お問い合わせ先

健康福祉部 長寿介護課 介護保険係
電話 0993-22-2111 (内線254)