くらしの情報 メニュー
背景色変更
Loading
ページ読み上げ

指宿市イモゾウムシ等防除条例(原案)についてパブリック・コメントを実施しました

更新日 2016年03月10日

市では、サツマイモに大きな被害をもたらす害虫であるイモゾウムシ、アリモドキゾウムシの根絶に向けて、県・関係機関と連携して広報活動や防除作業等を実施しています。
これらの害虫がサツマイモの一大産地である山川・開聞地域へまん延するとサツマイモ栽培農家にとっては死活問題となり、産地としても大打撃を受ける恐れがあります。現在、植物防疫法によりサツマイモ等の持ち出しを禁止する防除区域が設定されていますが、一日でも早く根絶するためには、害虫のエサとなるサツマイモ等を防除区域内からなくすことが重要です。
このため、市では防除区域内でサツマイモ等の栽培を禁止する旨の条項を盛り込んだイモゾウムシ等防除条例の制定を目指しています。
この条例制定にあたり、市民のみなさんの意見を募集しました。

意見募集の結果

  1. 募集期間 平成21年10月15日(水)~平成21年11月13日(金)
  2. 提出者 なし
  3. 意見件数 なし

提出されたご意見とそれに対する市の考え方

※提出された意見はありませんでした。

お問い合わせ先

産業振興部 農政課 営農振興係
電話 22-2111(内線301)