くらしの情報 メニュー
背景色変更
Loading
ページ読み上げ

使用料・手数料等の見直しに関する基本方針(案)についてパブリック・コメントを実施しました

更新日 2016年03月22日

市には、市民福祉の向上や健康増進、産業振興等の観点から、温泉施設や体育施設、農業関連施設等、多種多様な施設が整備されており、市民を始め多くの方々に利用されています。
施設の維持管理については、人件費や電気料等の維持管理経費が必要であり、その経費については、利用者の使用料と市民の税金によって賄われています。
また、住民票や所得証明、納税証明等の発行事務に係る事務経費についても、使用料と同様に、必要とする方の手数料と市民の税金によって賄われています。
このようなことから、市では、「第二次指宿市集中改革プラン」に基づき、使用料・手数料について、利用者がどこまで負担すべきか、また市民の皆さんに納めていただく税金で、どこまで補うべきかについて、「受益者負担の適正化」を図ることを大きな柱とし、見直しを実施することとしました。
そのため、市では、市の行財政改革に関連する事項を、市民の視点で調査・審議する機関である「行政改革推進委員会」において、「第二次指宿市集中改革プラン」の取組項目の一つである市の施設利用や証明等発行に係る受益者負担の公平化・適正化の観点に基づく「使用料・手数料等の見直しに関する基本方針」について、これまで審議を重ねてきました。
この度、原案がまとまりましたので、市ではパブリック・コメント制度に基づいて原案を公表し、広く市民の皆さんからご意見を募集しました。

意見募集の結果

  1. 募集期間 平成22年9月27日(月)~平成22年11月19日(金)
  2. 提出者 なし
  3. 意見件数 なし

提出されたご意見とそれに対する市の考え方

※提出された意見はありませんでした。

公表した資料

お問い合わせ先

総務部 行政改革推進室 行革推進係
電話 22-2111(内線131)