○指宿市交通安全協力員服務規程

平成18年1月1日

訓令第24号

(設置)

第1条 交通安全の指導を図り,住民を交通災害から守るため,交通安全協力員(以下「協力員」という。)を設置する。

(協力員の委嘱)

第2条 協力員は,社会的信望と学識経験を有する者の中から,市長が委嘱する。

2 協力員は,非常勤とし,その任期は,1年とする。ただし,再任を妨げない。

(職務)

第3条 協力員は,上司の命を受け,おおむね次に掲げる職務に従事するものとする。

(1) 歩行者,運転者の街頭指導及び交通整理に関すること。

(2) 幼児と母親の交通教育に関すること。

(3) 老人の交通教育に関すること。

(4) 学校交通安全教育の協力に関すること。

(5) 指導者の研修会に関すること。

(6) 交通診断の協力に関すること。

(7) 交通安全調査の協力に関すること。

2 協力員は,前項の職務を効果的に推進するため,上司の指導監督のもとに警察署及び交通安全協会との連絡を密にし,協力体制の確立に努めなければならない。

(服務)

第4条 協力員は,前条の職務を行うに当たっては,次に掲げる事項に留意しなければならない。

(1) 指導に当たっては親切丁寧,誠実かつ公平に指導助言を行うこと。

(2) 職務上知り得た秘密は,これを他人に漏らしてはならない。

(3) 協力員は,所定の制服を着用して勤務し,公衆の信頼と協力が得られるよう努めなければならない。

(4) 常に関係法令を研究し,良識のかん養に努めること。

(勤務)

第5条 協力員の勤務は,毎週月曜日の午前7時30分から8時30分までとする。ただし,市が行う行事での交通整理については極力協力するものとする。

(その他)

第6条 この訓令の施行に関し必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は,平成18年1月1日から施行する。

(協力員の任期の特例)

2 この訓令の施行の日の前日において,合併前の指宿市,山川町又は開聞町の協力員の職にあった者は,この訓令の施行の日から平成18年3月31日までの間,第2条第1項の規定により協力員として委嘱されたものとみなす。

指宿市交通安全協力員服務規程

平成18年1月1日 訓令第24号

(平成18年1月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第8節 交通安全対策・防犯
沿革情報
平成18年1月1日 訓令第24号