○指宿市保育の実施に関する条例施行規則

平成18年1月1日

規則第58号

(趣旨)

第1条 この規則は,指宿市保育の実施に関する条例(平成18年指宿市条例第87号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(入所申込み)

第2条 その監護すべき児童を保育所に入所させようとする者(以下「保護者」という。)は,保育所入所申込書(第1号様式)を福祉事務所長に提出しなければならない。

2 福祉事務所長は,前項の申込みがあった場合において必要があると認めるときは,保育の実施に関し保護者に報告を求め,又は必要な資料の提出を求めることができる。

3 福祉事務所長は,保育の実施を決定した場合は,保護者に保育所入所承諾書(第2号様式)を交付する。

4 福祉事務所長は,保育の実施を行わない場合は,保護者に保育所入所不承諾通知書(第3号様式)を交付する。

5 福祉事務所長は,保育の実施を決定した児童については,保育所入所申込書を保育児童台帳として整備するものとする。

(平21規則25・平25規則29・一部改正)

(届出)

第3条 次の各号のいずれかに該当するときは,保護者は,速やかに,その旨を福祉事務所長に届け出なければならない。

(1) 児童を退所させようとするとき。

(2) 疾病その他の事由によって1箇月以上引き続き欠席したとき。

(3) 児童運営費負担金(以下「保育料」という。)の減免事実の発生,消滅又は変更があったとき。

(4) 入所児童又は保護者が住所を移動したとき。

(5) 条例第2条に規定する保育の実施基準に該当しなくなったとき。

2 前項の規定により退所させようとする場合は,福祉事務所長は,保育実施解除通知書(第4号様式)を保護者に交付しなければならない。

(平21規則25・一部改正)

(入所の制限)

第4条 次の各号のいずれかに該当するときは,福祉事務所長は,保育の実施を一時停止し,又は解除することができる。

(1) 児童が感染症等にかかり,感染のおそれがあると認めたとき。

(2) 児童が1箇月以上無届で欠席したとき。

(3) その他保育することについて,著しい支障が生ずるおそれがあると認めたとき。

2 前項の規定により保育の実施を解除しようとする場合は,保育実施解除通知書(第4号様式)を保護者に交付しなければならない。

(平21規則25・一部改正)

(その他)

第5条 この規則に定めるもののほか,必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は,平成18年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに,合併前の指宿市保育の実施に関する条例施行規則(昭和62年指宿市規則第9号),保育の実施に関する条例施行規則(昭和62年山川町規則第167号)又は開聞町保育の実施に関する条例施行規則(昭和62年開聞町規則第6号)の規定によりなされた処分,手続その他の行為は,それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年11月1日規則第50号)

(施行期日)

1 この規則は,平成19年11月1日から施行する。

(様式に関する経過措置)

2 この規則の施行の際現にある改正前の様式による用紙については,当分の間,必要な調整をして使用することができる。

附 則(平成21年4月30日規則第25号)

(施行期日)

1 この規則は,公布の日から施行する。

(様式に関する経過措置)

2 この規則の施行の際現にある改正前の様式による用紙については,当分の間,必要な調整をして使用することができる。

附 則(平成25年11月7日規則第29号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成28年4月1日規則第24号の2)

この規則は,公布の日から施行する。

(平21規則25・一部改正)

画像画像

(平21規則25・全改)

画像

(平21規則25・全改,平28規則24の2・一部改正)

画像

(平21規則25・全改,平28規則24の2・一部改正)

画像

指宿市保育の実施に関する条例施行規則

平成18年1月1日 規則第58号

(平成28年4月1日施行)