○指宿市立開聞児童館条例施行規則

平成18年1月1日

規則第60号

(趣旨)

第1条 この規則は,指宿市立開聞児童館条例(平成18年指宿市条例第89号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において「児童」とは,満18歳に満たない者をいう。

2 この規則において「幼児」とは,3歳以上小学校就学の始期に達するまでの者をいう。

(平19規則54・一部改正)

(登録)

第3条 幼児で常時,指宿市立開聞児童館(以下「児童館」という。)を使用するものは,幼児台帳に登録するものとする。

(使用の手続)

第4条 条例第5条の規定により許可を受けようとする者は,開聞児童館使用許可申請書(別記様式)を市長に提出しなければならない。

(使用時間)

第5条 児童館の使用時間は,原則として次のとおりとする。ただし,児童館長が特に必要があると認めるときは,市長の承認を得て使用時間を変更することができる。

(1) 幼児 午前8時30分から正午まで

(2) 幼児以外の児童 午後1時から午後5時まで。ただし,指宿市立学校管理規則(平成18年指宿市教育委員会規則第7号)第60条第2項各号に規定する休業日にあっては,午前8時30分から午後5時までとする。

2 前項第2号の規定にかかわらず,水曜日及び土曜日の使用時間は,午前8時30分から正午までとする。

(平19規則54・平23規則15・平25規則12・一部改正)

(休日)

第6条 児童館の休館日は,次に掲げるとおりとする。

(1) 日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月29日から翌年の1月3日まで(前号に掲げる日を除く。)

2 児童館長において,必要があるときは前項の規定にかかわらず,市長の承認を得て,休館日を臨時に変更することができる。

(厚生指導)

第7条 児童館は,児童に健全な遊びを与え,個別的に又は集団的に指導して児童の健康を増進し,情操を豊かにするよう努めなければならない。

(職員)

第8条 児童館に次の職員を置く。

(1) 児童館長

(2) 児童厚生員

2 児童館長は,館務を掌理し,所属職員を指導監督する。

3 児童厚生員は,上司の命を受け児童の厚生指導に当たる。

(備付台帳)

第9条 児童館には,次の帳簿を備え付けなければならない。

(1) 幼児台帳

(2) 児童館日誌

(3) 出勤簿

(4) 登録幼児出欠簿

(5) 前各号に掲げるもののほか,必要な帳簿

(運営協議会)

第10条 児童館の活動内容の充実を図るため,指宿市立開聞児童館運営協議会(以下「協議会」という。)を置く。

2 協議会の構成その他必要な事項に関しては,市長が別に定める。

(平23規則22・追加)

附 則

(施行期日)

1 この規則は,平成18年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに,合併前の開聞町児童館運営規則(昭和41年開聞町規則第11号)の規定によりなされた処分,手続その他の行為は,この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年12月26日規則第54号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成23年3月31日規則第15号)

この規則は,平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成23年6月1日規則第22号)

この規則は,平成23年6月1日から施行する。

附 則(平成25年3月29日規則第12号)

この規則は,平成25年4月1日から施行する。

画像

指宿市立開聞児童館条例施行規則

平成18年1月1日 規則第60号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第7編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
平成18年1月1日 規則第60号
平成19年12月26日 規則第54号
平成23年3月31日 規則第15号
平成23年6月1日 規則第22号
平成25年3月29日 規則第12号