○指宿市立指宿商業高等学校活性化補助金交付要綱

平成30年3月26日

教育委員会告示第5号

(趣旨)

第1条 この告示は,指宿市立指宿商業高等学校(以下「指商」という。)の部活動を支援することにより,第75回国民体育大会(以下「国体」という。)に出場するための精進を促し,指商の部活動の活性化及び生徒確保に寄与するため,予算の範囲内において補助金を交付するものとし,その交付については,指宿市補助金等交付規則(平成18年指宿市規則第38号)に定めるもののほか,この告示に定めるところにより行うものとする。

(補助対象者)

第2条 この告示において,補助対象者とは,この告示の施行の日(以下この条において「施行日」という。)において指商に在学している,又は平成32年4月までに入学する生徒で,平成30年4月1日以後指宿市内で下宿が必要と認められる次の各号のいずれかに該当する生徒の保護者とする。

(1) 国体の強化推進校,強化校等の指定を受けた部活動に所属している生徒

(2) 国体の強化指定を受け,当該部活動に所属している生徒

(3) スポーツ活動において優れた資質や実績があり,当該部活動に所属している生徒で校長が認めた者

2 補助対象者の生徒が退学又は補助対象となる部活動を退部した場合,退学又は退部した月までを補助対象者として取り扱う。

(補助対象経費及び補助額)

第3条 この告示において,補助対象経費及び補助額は次のとおりとする。

(1) 補助対象経費 下宿に係わる家賃,光熱水費及び食費とする。

(2) 補助額 補助対象経費の半額(その額に1,000円未満の端数が生じたときは,これを切り捨てた額)又は月額2万円のいずれか少ない額とする。ただし,当該年度の予算額を超えた場合は,補助対象者の補助額を予算額で按分した額とする。

(補助金の交付申請等)

第4条 補助金の交付申請は,次に掲げる書類を添えて当該年度の10月及び3月に申請するものとする。ただし,指商の授業料及び諸会費等に納期到来分の未納があるときは申請できないものとする。

(1) 補助金交付申請書(第1号様式)

(2) 補助金事業実績書(第2号様式)

(3) 補助金精算書(支払実績書)(第3号様式)

(4) その他市長が必要と認める書類として,補助対象経費を支払ったことの分かる領収書及び下宿に係わる契約書等の写し

(補助金の交付決定及び確定通知)

第5条 補助金の交付決定及び確定通知は同時に行うものとし,補助金交付決定及び交付確定通知書(第4号様式)により,補助対象者に通知するものとする。

(その他)

第6条 この告示に定める事項のほか,必要な事項は教育長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は,平成30年4月1日から施行する。

(失効)

2 この告示は,平成35年3月31日限り,その効力を失う。

画像

画像

画像

画像

指宿市立指宿商業高等学校活性化補助金交付要綱

平成30年3月26日 教育委員会告示第5号

(平成30年4月1日施行)