指宿市

豆類の霜害対策について

更新日 2019年04月15日

本市の豆類は,主に露地で栽培されていますが,近年,降霜等による被害が発生しており,生産が不安定となっています。

ソラマメ霜害被害莢スナップエンドウの霜害の様子

このことから,不織布を水平張りすることでほ場内の気温の低下を抑え,霜の被害を抑制する実証実験を行い,効果が確認されていますので,結果についてご紹介します。

《資材》

・不織布( F 20g,30g) ※厚み: F 20g < F 30g

・園芸ピンチ

・園芸ロープ

(最低気温が-2°Cを下回る場合は,水平張りと練炭の燃焼を組み合わせることで,霜害を防ぐことができます。)

《試験結果》

●指宿地区

○調査結果

調査区 調査莢数 被害莢数 被害率(%)
無被覆 497 241 48.5
不織布 ( F 20g) 453 8 1.8
不織布 ( F 30g) 464 4 0.9

○試験区における気温の変化

試験区における気温変化のグラフ

●山川地区

○調査結果

調査区 調査莢数 被害莢数 被害率(%)
無被覆 164 76 46.3
不織布 ( F 20g) 141 7 5.0
不織布 ( F 30g) 164 5 3.0

○試験における気温の変化

試験における気温の変化

※山川の試験ほ場は,水平張りに加え練炭も炊いています。

〈南薩地域振興局農政普及課指宿市十二町駐在 提供〉

《水平張り展開図》

水平張りの様子

お問い合わせ先

農政部 農政課 畑作指導係 電話0993-22-2111(内線712)

ホーム
まちづくり・産業・労働
└ 豆類の霜害対策について

[2] ページ上部へ戻る
[0] トップページへ戻る

指宿市役所

〒891-0497 鹿児島県指宿市十町2424
TEL: 0993-22-2111
FAX: 0993-24-3826

お使いの機種により正しく表示されない場合がありますがご了承ください。


Copyright (C) IBUSUKI City All rights reserved.