くらしの情報 メニュー
背景色変更
Loading
ページ読み上げ

2.望ましい学校のあり方に関する検討の経緯

更新日 2017年04月27日

(1)「指宿市学校施設整備計画検討委員会」での検討

指宿市では、平成20年8月、保護者や地域代表、大学教授等で組織する「指宿市学校施設整備計画検討委員会」を設置し、小・中学校の望ましい教育環境や教育施設の整備などについて調査検討し、次代を担う子どもたちの育成を図るための検討を始めました。

本検討委員会からは,平成22年3月、指宿市の望ましい教育環境に関することや学校施設の整備計画に関することなどについて答申を受けました。

○指宿の未来(あす)を拓く子どもたちを育成する新しい時代の学校づくり方策について(答申)

(2)「指宿市望ましい学校環境整備計画」の策定

前述の答申を受け、平成22年12月、「指宿市望ましい学校環境整備計画」を策定し、指宿市の望ましい学校規模や学校施設の整備方針などを示しました。

○指宿市望ましい学校環境整備計画

(3)「指宿市学校のあり方について考える会」での意見交換

指宿市望ましい学校環境整備計画に基づき、校舎や体育館の耐震補強工事等を推進しつつ、平成26年6月、地域代表や保護者、学校代表などで組織する「指宿市学校のあり方について考える会」を設置し、指宿、山川、開聞の各地域ごとに部会を設け、各地域の学校のあり方について意見交換を始めました。

平成26年度は、すべての小学校区および中学校区において「学校のあり方について語る会」を開催し、市立小中学校の現状報告を行うとともに、アンケートを実施し、参加者のご意見をいただきました。

平成27年度は、開聞、山川の両地域部会は、「20年後、30年後の児童生徒数の推移と教育的視点を第1に考えたとき、地域の枠を超えた再編の可能性もあるのではないか」という意見の一致から合同の部会として検討を行い、開聞山川地域では「学校再編等検討会」を、指宿地域では、「学校のあり方検討会」を開催し、各地域での意見交換を行いました。

「学校のあり方について考える会」からは、平成28年3月、検討結果報告書が提出されました。

○平成27年度指宿市学校のあり方について考える会(検討結果報告書)【抜粋】

○平成27年度指宿市学校のあり方について考える会(検討結果報告書)【全頁】

※全頁版は容量が大きいですのでご注意ください。

(4)「指宿市望ましい学校づくり推進委員会」の設置

教育委員会では、今後の市の方向性を策定するに当たり、ご意見を伺うための組織として、すべての小中学校長をはじめ、すべての小中学校のPTA組織代表者、幼児保護者、青年世代、老人世代の代表、地域代表者等の57人で組織する「指宿市望ましい学校づくり推進委員会」を平成28年4月に設置し、望ましい学校のあり方について検討を行っています。

○指宿市の望ましい学校づくりに向けて~中間報告~(平成28年度のまとめ)

検討状況については、ホームページや市広報誌等で周知したいと考えています。

お問い合わせ先

指宿市教育委員会 教育総務課 学校整備室 学校整備係 電話0993-22-2111(内線413・414)