くらしの情報 メニュー
背景色変更
Loading
ページ読み上げ

介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)について

更新日 2017年04月14日

指宿市では、介護予防・日常生活支援総合事業(以下「総合事業」といいます。)を平成29年4月から開始しました。

総合事業は、市町村が中心となって、地域の実情に応じて、住民等の多様な主体が参画し、多様なサービスを充実することで、地域の支え合い体制づくりを推進し、要支援者等に対する効果的かつ効率的な支援等を行う事業です。
総合事業は、「介護予防・生活支援サービス事業」と「一般介護予防事業」で構成されています。

介護予防・生活支援サービス事業(第1号訪問事業・第1号通所事業)

介護予防・生活支援サービス事業は、「訪問型サービス」と「通所型サービス」で構成されています。

現在、介護予防訪問介護(ホームヘルプサービス)と介護予防通所介護(デイサービス)で提供されているサービスが、平成29年度中に総合事業のサービス(「訪問型サービス」と「通所型サービス」)へと段階的に移行されますが、サービス内容や利用者負担額等に変更はありませんので、これまでと変わりなく利用することができます。

総合事業のサービスに変わる際には、ケアマネジャー又は事業者から利用者へ個別にご説明いたします。

総合事業サービスを提供される事業者の方は、こちらをご覧ください。

一般介護予防事業

地域の公民館等で実施するころばん体操や高齢者サロンを普及推進し,認知症予防の脳のトレーニング楽習などの介護予防教室を実施します。

ころばん体操については、こちら

お問い合わせ先

指宿市地域包括支援センター 電話0993-22-2111