くらしの情報 メニュー
背景色変更
Loading
ページ読み上げ

福祉・子育て・赤ちゃん

  • 児童扶養手当について知りたい。

     

    関連リンク

    児童扶養手当

  • 児童扶養手当の支給開始から5年経過した場合等の、手当額の2分の1が減額される措置について知りたい。

     平成20年4月分以降の手当から、支給開始から5年を経過した場合等に、支給額の2分の1を停止とすることとなりました。
     ただし、父又は母以外の養育者が受給している場合は対象となりません。
     また、就業している場合や子ども等が障害・疾病等により就業が困難な場合等は、届け出をすることによって継続して受給することができます。
     対象者には、順次お知らせ通知を郵送します。通知をよく読んで、届け出が必要な人は、指定された期間内に必要書類を添えて、お近くの福祉課窓口へ提出してください。

  • 児童扶養手当の申請方法について知りたい。

    1.資格要件:「児童扶養手当について知りたい」を参照ください。
    2.必要書類
    (1)請求者および児童の戸籍謄本
    (2)印鑑
    (3)請求者名義の普通預金通帳
    (4)その他状況に応じて必要な書類(詳細は問い合わせ先まで)

  • 市内で住所が変わった場合にも児童手当の手続きが必要なのか知りたい。

     市内で住所が変わった場合、手続きは必要ありません。
     ただし、受給者と児童が別居するような場合には手続きが必要になります。

  • 市内にある老人福祉センターを知りたい。

     指宿市には「指宿老人福祉センター」と「山川老人福祉センター」と「開聞老人福祉センター」があります。

    ○指宿老人福祉センター 
     指宿市十町2424番地 TEL22-5543 
    ○山川老人福祉センター
     指宿市山川福元3581番地 TEL35-2260
    ○開聞老人福祉センター
     指宿市開聞十町2756番地 TEL32-4877

  • 小・中学校の学区を教えてほしい。

     市内には小学校が12校、中学校が5校あります。学区は地区をもとにして決められていますので、教育委員会学校教育課へ問い合わせてください。

  • シルバー人材センターの事業や活動について知りたい。

     高齢化社会が進む中、定年などで退職した後、臨時的・短期的な就業の機会を得たいと願う健康で働く意欲のある高齢者が増えています。
     シルバー人材センターは、高齢者の経験や能力を活かせる、高齢者にふさわしい仕事を提供することで、健康維持と生きがいづくりに役立てていただくことを目的に設立されています。
     会員の方々は、草刈りや庭木のせん定、農作業、屋内外の清掃、大工、左官など、さまざまな分野で頑張っています。
     市内に居住する60歳以上の健康で働く意欲のある人であれば、誰でも会員登録できます。
    【登録・問い合わせ先】
    ◆シルバー人材センター TEL 23‐5130

  • 地域の母親同士の情報交換や交流の相談先を知りたい。

    【地域子育て支援センター】
     市では次の2か所で地域子育て支援センターを開設し、①子育て親子が気軽に集い交流を図る場の提供、②スタッフによる子育てに関する相談、③月1回程度の子育てに関する講習会の実施、④子育てに関する情報の提供を行っています。詳細については、乗船寺保育園 (22-4407)または開聞保育園(32-2100)へ問い合わせてください。


  • 地域包括支援センターとは何ですか。

     高齢者やその家族が、より身近なところで、保健、福祉、介護等について相談できるところです。介護予防に関する相談やサービスの紹介、介護予防ケアプラン の作成などを行うとともに、高齢者の方が地域で安心して暮らし、豊かな生活を送れるように、市役所の各課などと連携してサポートします。

  • 子ども医療費助成の対象者ですが、受給資格者証は手続き後、即日交付されますか。

     受給資格者証は、書類がそろわなければ即日の交付はできません。即日交付ができる場合は、次のとおりです。
    【申請に必要なもの】
    ・被保険者と子どもの健康保険証
    ・印鑑(朱肉を使用するもの)
    ・申請者名義の預金通帳やカード等、口座が確認できるもの
     指定できる口座は、申請者名義の普通預金口座に限りますので、子ども名義の口座や貯蓄口座は指定することができません。

     ※転入で、市町村民税が両親とも非課税の場合は、課税額証明書を提出していただく場合があります。
    【申請の窓口】
    健康福祉部地域福祉課
    山川支所市民福祉課
    開聞支所市民福祉課

  • 認可保育所に預けた場合、保育料はどのように決まるのですか。

     ご家庭の場合は、住民税合算額により決定します。切り替え時期は9月になります。
     また、入所時点での子どもの年齢による違いもあります。

  • 認可保育所・認定こども園について知りたい。

     認可保育園(認可保育所)は、厚生労働省が定めた保育所設置認可基準に基づいて設置されている保育園です。また、認定こども園は、幼稚園保育所の機能や特長をあわせ持った施設です。小規模保育事業は0-2歳の子どもを保育する事業施設になります。就学前の子どもで、両親をはじめとした保護者が次にあげる理由などで、保育が必要な場合に入園申し込みができます。
    (1)就労
    (2)妊娠・出産
    (3)保護者の病気・ケガ・障害
    (4)同居または長期入院などの親族の介護・看護
    (5)災害復旧
    (6)救援活動
    (7)就学                                                                                      (8)虐待やDVのおそれがあること                                                                     (9)育児休業期間中                                                                            (10)その他、上記に類する状態として保育が必要である、認める場合 

    関連リンク

    子ども子育て支援新制度

  • 認可保育所入所の選考方法を知りたい。

     入所の承諾にあたっては、提出された書類の内容をもとに、保育を必要とする理由等を審査し、市で定めた入所選考基準によって、保育の必要性の高い人から順次決定します。
     なお、入所決定されなかった人については、その後入所辞退等により欠員が生じた場合に、あらためて入所選考の対象とさせていただきます。

  • 認可保育所の保育時間を知りたい。

     ☆保育を必要とする事由や保護者の状況に応じ次のいずれかに区分されます。また国により時間の認定が異なりますので各施設または各庁舎へお問い合わせください。


    1.「保育標準時間」利用・・・最長11時間(月120時間以上の就労など)
    2.「保育短時間」利用・・・最長8時間(月64時間以上・120時間未満の就労など)                                        3.延長保育:勤務時間の都合等のやむを得ない事情がある場合に、園によって延長保育事業を行っています。 

  • 認知症高齢者の対応方法について相談したい。

     認知症高齢者に関する相談や介護者の対応方法について、地域包括支援センターと在宅介護支援センター(湯之里園、徳光苑、薩摩富士荘)で相談を受け付けています。

  • 母親クラブについて知りたい。

    母親クラブは子どもをもつ母親が中心になって、子どもたちが健やかに育つ環境づくりをめざし、学習活動や実践活動を行う、自主的に活動をしている市民グループで、学習会・講演会・ボランティア活動などをしています。

    ◆開聞児童館母親クラブ TEL32-2144

  • はり・きゅう・マッサージの施術助成券について知りたい。

    1.制度内容
     健康保持と保健の向上を図るため、はり・きゅうおよびマッサージ指圧施術料に1回につき800円の助成を行います。
    2.対象者
     (1)65歳以上の高齢者
     (2)身体障害者手帳を所有する人
    3.助成券の発行
     対象者1人に対し年間30枚以内(4月~翌年3月)
    4.交付申請
     交付申請には印鑑・本人確認ができる書類等(被保険者証など)を持参してください。
    5.利用者負担
     施術料と助成券との差額は利用者負担になります。

  • ひとり親家庭のための相談窓口について知りたい。

     ひとり親家庭に対しては、それぞれの家庭の実情に応じたきめ細かな支援を行う必要があります。
     主なものとしては「児童扶養手当」、「ひとり親家庭等医療費助成」の支給などを通して、ひとり親家庭の生活の安定のための支援を行っています。
    ※制度ごとにそれぞれ所得制限や資格審査があります。不明な点は、問い合わせてください。
     【主な種類】
    (1)児童扶養手当
    (2)ひとり親家庭等医療費助成
    (3)母子寡婦福祉資金
    (4)自立支援教育訓練給付金
    (5)高等技能訓練促進給付金

  • ひとり親家庭のための母子寡婦福祉資金貸付制度について知りたい。

     母子(寡婦)家庭の生活を助け、経済的に自立するように事業の開始・継続資金、住宅資金、生活資金、修学資金、就学支度資金などを低利または無利子で貸し付けます。
     詳しくは、問い合わせてください。

  • ひとり親家庭(母子家庭、父子家庭)等の医療費助成資格者証の申請をしたのですが、資格はいつから認定になりますか。

     申請日から医療費助成の対象となりますが、認定がおりるまで時間がかかります。
     認定がおり、医療費助成資格者証が発行されると有効期間開始日か らの受診分を請求できるようになります。認定の通知が届く前に医療機関を受診した場合は領収書を保管しておいてください(領収書は、受診者氏名・保険点 数・診療日・金額の記載されたもので、領収印のあるものが必要です)。