くらしの情報 メニュー
背景色変更
ページ読み上げ

トピックス: 2021年2月

令和2年度鹿児島県フラワーコンテスト特別賞受賞者 表敬訪問

更新日 2021年02月25日

【開催日:2月22日(月)】

標記コンテストにおいて,本市でスプレーギクを生産する新留寿隆氏が最高賞の農林水産大臣賞,観葉植物を生産する下栁田正人氏が県知事賞を受賞したことから,指宿市役所指宿庁舎において報告がありました。

このコンテストは,花きの生産技術向上や知名度アップを図るため,県花き振興会が主催し,輪ギク,テッポウユリといった切り花,鉢物など品目ごとの11部門に県内各地から198点が出品されました。なお,新留氏は2年連続で最高賞の農林水産大臣賞の受賞となっています。

報告では,新留氏が「花のボリュームや一輪ごとの間隔に気を使い栽培したことが2年連続の受賞につながったと思う。」と述べられました。

新留様,下栁田様,受賞おめでとうございます。今後も,素晴らしい花き等の生産に励んでいただくことを期待しております。

記念撮影 歓談の様子

指宿法人会 新型コロナウイルス感染症予防備品の贈呈式

更新日 2021年02月25日

【開催日:2月22日(月)】

指宿法人会様から市内各小中学校及び指宿商業高校へマスクやアルコール消毒液の寄附があり,指宿市役所指宿庁舎において,贈呈式を行いました。

式では,指宿法人会の村山会長から「指宿の将来を担う児童・生徒が少しでも安全安心に学校生活を過ごせるように役立ててほしい」というお言葉をいただきました。

今回寄附していただいた感染症予防備品は,早速,市内の各小中学校及び指宿商業高校へ配布し有効に活用させていただきます。ありがとうございました。

記念撮影 式の様子

指宿市棚田地域振興事業(体験交流型イベント) 「池田湖のUMA(未確認生物)を撮影せよ」

更新日 2021年02月24日

【開催日:2月21日(日)】

地域内外の小学生親子等を対象とした標記イベントが,池田湖畔において開催され,来賓として出席しました。

このイベントは,棚田の魅力を感じてもらうとともに,池田湖について親水,水質保全への重要性を,体験交流を通じて伝えることを目的としています。

県内から約120名の親子等のほか,薩摩剣士隼人も特別ゲストとして参加する中,池田を楽しむ会による地域についての説明等や池田湖の水質調査を行うなど,イベントは大いに盛り上がりました。

先人たちが引き継ぎ,守ってきたこの美しい棚田の景観や池田湖の水質などが,後世にも引き継がれていくことを願っています。

 市長あいさつ イベント様子

山川高校「営農の門出を励ます会」

更新日 2021年02月24日

【開催日:2月19日(金)】

山川高校において,今年度同校を卒業し,県立農業大学校への進学や農業関連の職に就く7名の学生の門出を祝した,「営農の門出を励ます会」に来賓として出席しました。

7名の学生から,これまで学校の実習等で学んだことや将来の抱負などが語られ,卒業後に就職が内定している学生からは,「これから社会人として自覚や責任を持ち,社会や地域に貢献したい。」と頼もしい決意が述べられました。

皆さんには,目標に向けてやる気や熱意を持って取り組み,将来1人でも多くの卒業生が,この指宿の地で農業関係の職に就き,地域を盛り上げてほしいと思います。

会の様子 記念撮影

第68回県下一周市郡対抗駅伝競走大会指宿地区チーム出発報告

更新日 2021年02月12日

【開催日:2月12日(金)】

2月13日から2月17日の5日間にわたって県内で開催される,第68回県下一周市郡対抗駅伝競走大会を前に,福岡委員長,垣内監督,新小田コーチ,前田主将が指宿庁舎を訪れ,チーム状況等の報告を行いました。

垣内監督から「大きな故障者もなく順調に来ている。コロナ禍でも走れる感謝の気持ちを忘れず,市民や県民に元気を与えられるような走りを選手にしてもらいたい。」と,現在のチーム状況と決意表明がありました。

選手の皆さんには,一人ひとりが持てる力を十分発揮し,ベストを尽くしてほしいと思います。そして,郷土の誇りを胸に,指宿市に活力を与えられるような熱い力走期待しています。

今大会では,新型コロナウイルス感染拡大防止のため,沿道での応援自粛が呼びかけられています。SNSやラジオ等を通して選手を応援してくださいますようよろしくお願いします。

報告の様子1 報告の様子2

広報いぶすき2月号

更新日 2021年02月01日