Instagram
お問い合わせ

【8月第1号】移住先の選び方(全国の中から)

【8月第1号】移住先の選び方(全国の中から)

毎週金曜日に更新することにしました
目指せ、一番人気ページ!!!

地域おこし協力隊長山智寛です。
インスタは@chihiro6416alta
もろもろご相談はDMでもOKです。
正式なのはお問合せからご連絡ください。

配属先
指宿市役所
市長公室
地域創造係
という強そうなところにいます。

なにかありましたら
0993-22-2111(内線127)
ながやま宛でご連絡ください。
いなかったらどなたかが対応してくれます。

指宿に移住して3か月がたちました!

-------------------------

田舎暮らしいいなーと思う人が移住を考えていると思いますが
中には移住失敗した!!!という話も聞きます。

僕なりの移住を考えた際のポイントを
お伝えできたらと思います。
ちなみに今現在とても楽しく移住生活を満喫しています!!

さて、
個人の希望はたくさんあると思います。
暖かいところがいい
雪が降るところがいい
緑がたくさんの・・・
交通の便がー
車の運転が難しい。。。
などそのあたりはポイントが明確なのですっとばして
いきますが、基本的に自然やご飯のおいしさは間違いがなく
その分交通の便は田舎に近づけば悪く、運転は必須になります。

便利を希望する場合は人口10万人(大学があるクラス)
のラインで探す必要があります。

5万人程度となると高校くらいまではあるが、大学などは
あったりなかったりで差が生まれます。
便利希望なら大学があると交通の便にも活気があるので
不満は少なく感じるかと思います。

ちなみに指宿市は38000人
高校までは、市立・県立ともにありますが大学はありません。
鹿屋市に今ある体育大学が指宿にできるかもしれなかったという
話はありましたが、、、ないのです。

指宿市くらいだと、車の運転はほぼ必須といって過言ではありません。
自転車があればある程度はどうにかなるかもしれませんが、
どこの田舎でも車があるとないでは楽しみの幅が大きく変わります。

話は戻って、移住のポイントです。

1お金のこと
調べるとよく出てくるのは移住への助成金や補助金
もちろん大切なポイントですが、
移住は結局のところ人付き合い。

お金だけで選ぶとイメージと異なる可能性があります。
かといって移住者を応援してくれない地域は入り込むのが
非常に難しく、失敗につながるので、移住窓口があることは必須です。

まずは、移住を考える地域に何度か足を運びかかわり、
ごはん屋さんに行ったり、地域のお店に行ったりして
雰囲気が自分と合うか考えてみてください。

2仕事のこと
仕事があるのか、非常に大切です。
お休みや仕事内容、給与などをよく見る必要があります。
ちなみに、指宿市は観光地というのもあり、アルバイト時給は高めです。
(中には1100円などもあります。基本は950円前後)
しかし、正社員となると、17万とか16万とかを見かけます。
おおよそ17万だと手取り14万程度です。
この給与で生きていけるのか、考えなければなりません。

ただ、食材は安く、賃料も安いため、生活費は下がります。
僕の家庭は妻と二人なので、かなり余裕がある生活をしています。
(お家立てたら少し大変かもだけど)

3その地域にルーツやかかわりがあるか
正直なところ、僕はルーツがあって指宿市を選んでいます。
父方の家系はずっと旧開聞町周辺だったのです。
そのため、苗字の「長山」をみると開聞の人?
と聞いてくれることもあります。
ルーツがあるというだけで、話のタネになり、
親近感ができ、とても大切にしてくれます。

よく戻ってきてくれたねーって

実は地域に溶け込むって本当に大変ですよね。

4目的のこと
なんで移住を考えているのか?
そのポイントが明確でないとこんなはずではなかったとなります。
ただ、各地域絶対にいいところがあります。
なので、臨機応変に適応力がある方はそれほど気にしなくていいかもしれません。

しかし、ただ和やかな暮らしをしたいからーとか
田舎ってなんかよさそうって思ってとかだと
大変です。

基本的に移動距離は大きく、遠くまで買い出しに行くこともあれば
体を使わないといけないこともあります。(草刈とかね)

体力と気持ちとがしっかりないと
癒されるものも癒されないかもです。

外に出ることや人と関わることが好きなのも大切ですね。

5虫が苦手か
田舎は田舎であればあるほど多種多様な虫と虫の遭遇方法があります。
賃貸でも古いところが多く、隙間が多いところも多いものです。
そうすると、家の中といえど遭遇します。

特に女性は嫌がることも多いので、
田舎レベルの調整は非常に大切です。

〇最後に
地方移住は夢です。きっと多くの人の。
僕は自宅に温泉があることがかなう町というのも指宿市を選択した1つです。

それでも、どうしても不安です。
そんなときにはお試しサポートを使って実際にいらしてください。
他の地域も同様です。きっと何かしらあります。

さらに場所が決まったら
「地域おこし協力隊」として3年の猶予をGETする方法もあります。
もちろん仕事内容が合えばですが。

協力隊は、地域の方とかかわる機会が普通の移住よりはるかに多く存在します。
ここの場所がいいんじゃ!!!ってなった時には一度求人探してみてくださいね。

あ、バスの時刻表もまとめようと思っています
電車で来る方にわかりやすいようにしようと思っているので
もうしばしお待ちください。

ちょっと空き家バンクのことやらで忙しくで
動きが遅くなっていてごめんなさい。
またほかに気づいたことがあれば、お気軽に電話でも
DMでもくださいね。