Facebook Instagram
お問い合わせ

お試し滞在サポート事業trial support

新型コロナウイルス感染防止に関するお知らせ

感染拡大防止の観点から、次のいずれかに該当する地域に居住する場合は、
当面の間、お試し滞在サポート事業の利用申し込みを原則休止させていただきます。
ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

【休止対象地域】
1 新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言が発出されている地域
(特措法第32条第1項、並びに、都道府県等による独自の取り組みに基づく)
2 不要不急の外出自粛など発令されている地域
(特措法第24条第9項、並びに、都道府県等による独自の取り組みに基づく)
※特措法:新型インフルエンザ等対策特別措置法

上記以外の地域に居住される場合は、お試し滞在、並びに、移住定住相談の利用申し込みができます(施設等案内は休止中)。
宿泊する14日前までに必ず申請してください。

なお、お試し滞在予定の14日前から検温等の健康チェックシートの記録が必要です。
移住定住相談時はマスク着用など感染防止策にご協力くださいますようお願いいたします。
詳しくは申請方法をご確認ください。

ご不明な点は、直接お問合せください。

お試し滞在サポート事業

県外から指宿市への移住を検討している方が、住居や周辺環境の確認、就職活動等のために、本市にお試し滞在する場合、その滞在費用の一部をサポートします。
事前の情報収集や他地域との比較などを十分に行ったうえで、指宿市への移住を「本気」で考えている方におすすめの制度です。

このような方に
おすすめ!!

  • 「指宿で家を借りるとしたらどんな家があるの?下見をしてみたい」
  • 「子育てする環境や保育園・幼稚園を見てみたい」
  • 「指宿にはどんな仕事があるの?仕事の情報を収集したい」など

旅費補助金

指宿市への移住を検討している方が、住居や周辺環境の確認、就職活動等,本市への移住の検討を目的に市内の宿泊施設に宿泊し、お試し滞在する場合に、交通費及び滞在費の一部を助成します。(対象期間:平成31年4月1日~令和7年3月31日)

さらに・・・
旅費補助金の交付を受けた方が、お試し滞在の最終日から1年以内に指宿市に転入し、かつ申請した場合に、世帯の人数に応じて、定住準備金(1人当たり5万円、1世帯当たり上限25万円)を交付します。

旅費補助金の助成対象要件

次の全ての要件を満たす方は利用することができます。

  1. 1. 鹿児島県外に住所を有すること
  2. 2. 18歳以上であること
  3. 3. 市内の宿泊施設に1泊以上宿泊すること
  4. 4. 滞在中に市職員による移住相談に参加すること
  5. 5. 滞在前及び滞在後にアンケートに回答すること
  6. 6. 指宿市暴力団排除条例に規定する暴力団員でないこと

(注意)
※中学生以上の同行者についても同額を助成します。
※4歳以上小学生以下の同行者は、2分の1の額を助成します。
※3歳以下の同行者は助成の対象外となります。
※補助金の交付の回数は一人につき3回までとします。
※同一世帯の助成合計額は25万円を上限とします。

旅費補助金の額

別表をご確認ください。不明な点はお問い合わせください。

申請方法

  1. 1.お試し滞在の計画が整い次第速やかに、市担当者に電話等でご連絡の上、移住相談を行う日を決めてください。
  2. 2.旅費交付申請書(第1号様式)及び事前アンケートに必要事項をご記入の上、FAXまたはメールで事前送付してください。
  3. 3.担当者による確認を受けた後、宿泊する14日前までに、旅費補助金交付申請書(第1号様式)に以下の書類を添えて提出してください。
    • 住民票(世帯全員が記載されたもの)
    • 誓約書(第2号様式)
    • 事前アンケート
  4. 4.宿泊する14日前から健康状態の管理(検温等)を行い、健康チェックシートを宿泊する3日前までにFAXまたはメールで事前送付してください。原本は移住相談日にご持参ください。

申請する上での注意事項

交付申請を行うだけでは、補助金交付の確約とはなりません。市で申請書類を受理した後、滞在の目的等内容を審査させていただき、交付が適当であると認められて初めて交付決定となります。審査の結果、万一不交付となった場合でも、市の交付決定通知の日以前に予約を行った航空券やホテル等のキャンセルに係る経費につきましては、申請者自身のご負担となりますので、ご注意ください。
なお、同一年度内であれば、数か月前からの申請も可能ですので、余裕を持った計画や早めの事前相談をお願いいたします。

様式等ダウンロード