目次

  • ホーム
  • 新着情報
  • エリアを散策
  • スポットを探す
  • 橋牟礼川遺跡
  • 指宿の昔話
  • 指宿市考古博物館 時遊館Coccoはしむれ

ホーム > スポットを探す > 歴史 > 近世・近代 > 宮ヶ浜港防波堤(捍海隄)

宮ヶ浜港防波堤(捍海隄)

  • 歴史
  • 近世・近代
  • 宮ケ浜

宮ヶ浜の海岸にある,三日月形の防波堤(捍海隄:かんかいてい)。指宿小学校に残る石碑,指宿捍海隄記には,この防波堤建設のいきさつが記されている。「宮ヶ浜の海は遠浅で,船を安全に停泊させるところがなく,台風で船が転覆する恐れがあった。天保4年(1883),それを知った第27代薩摩藩主島津斉興が,長さ2300m,高さ5mの防波堤を築かせた。工事は天保4年の12月に始まり,翌年の7月には完成した。」

指定
国登録有形文化財
住所
西方宮ヶ浜