くらしの情報 メニュー
背景色変更
Loading
ページ読み上げ

戸籍・住民票・印鑑登録

  • 市内から海外へ住所を移すときはどうしたらいいですか。

     引っ越しをする前日までに市民生活部市民協働課または、市民福祉課(山川・開聞)または、分室(池田・今和泉)に届出をしてください。
    1.提出書類 :転出届
    2.届出期間 :引っ越しをする前日まで(引っ越しをする日のおおむね14日前から受け付けています)
    3.届出窓口 :市民生活部市民協働課または、市民福祉課(山川・開聞)または、分室(池田・今和泉)
    4.届出人 :本人、世帯主、世帯員または代理人
    5.届出方法 :直接窓口へお越しください。
    6.受付時間 :平日の8:30~17:15
    7.必要なもの:
    (1)運転免許証・パスポート・健康保険証など本人であることが確認できる書類、代理人の場合は委任状が必要です。
    (2)国民健康保険被保険者証(加入者のみ)
    (3)後期高齢者医療被保険者証(加入者のみ)
    (4)子ども・重度心身障害医療費助成金受給資格者証(持っている人のみ)                                           (5)児童扶養手当証書、ひとり親家庭医療費受給資格者証(持っている人のみ) 
    (6)介護保険被保険者証(持っている人のみ)
    (7)印鑑登録証(持っている人のみ)
    (8)印鑑(本人が届出に来るときは必要ありません)

  • 市内から市外へ住所を移すときはどうすればいいですか。

     引っ越す前日までに市民生活部市民協働課または市民福祉課(山川・開聞)、分室(池田・今和泉)に届け出てください。
    1.届出人 :本人・世帯主
    2.届出方法 :直接窓口へお越しください。
    3.受付時間 :平日の8:30~17:15
    4.必要なもの:(1)窓口に来る人の本人確認ができるもの(運転免許証・健康保険証など)
    5.注意事項 :代理人が届ける場合は、委任状が必要です。届出内容を本人によく確認してください。

    関連リンク

    転出届

  • 市内で住所が変わったときはどうすればいいですか。

     引っ越しした日から14日以内に市民生活部市民協働課または市民福祉課(山川・開聞)、分室(池田・今和泉)に届け出てください。
    1.届出人 :本人・世帯主
    2.届出方法 :直接窓口へお越しください。
    3.受付時間 :平日の8:30~17:15
    4.必要なもの:(1)窓口に来る方の本人確認ができるもの(運転免許証・健康保険証など)(2)マイナンバーカードまたは  通知カード
    5.注意事項 :代理人が届ける場合は、委任状が必要です。届出内容を本人によく確認してください。

    関連リンク

    転居届

  • 住基ネットとは何ですか。また、セキュリティは安全ですか。

     住基ネットとは、これまで全国それぞれの市区町村で独自に管理していた住民基本台帳を、専用の通信回線でネットワーク化し、氏名、生年月日、性別、住所の4情報、住民票コードとこれらの変更情報を共有することで、本人確認を全国共通ですることができるシステムです。
     セキュリティを含む個人情報保護対策については、制度面、技術面、運用面から住民基本台帳法等により対策が立てられています。さらに、指宿市は独自のセキュリティ要綱を設け、安全性の確保に努めています。

  • 住居表示について知りたい。

     住居表示実施前の住所は、土地を管理する「地番」を番地として用いていました。しかし、時代の経過とともに、ひとつの番地に多くの建物が建ったり、枝番、 欠番、飛番ができたりして、住所を表示する手段としてふさわしくなくなってきました。また、町の区域が入り組んでいたり、番地が順番に並んでいなかったりすることから、家や事務所の場所が非常に分かりにくく、郵便物などが間違って配達されたり、緊急時や災害時において緊急を要する車が到着するのに時間がか かったりするなどの弊害も生じていました。
     このようなことから、「地番」に替わる住所の表示方法として、一定の基準により建物に順序よく「住居番号」を付けて住所を分かりやすく表示するという制度がつくられました。この表示方法のことを『住居表示』といいます。
     本市では、湯の浜、湊、大牟礼の区域において住居表示を実施しています。

    関連リンク

    建物を新築したら、住居表示の申請を

  • 住居表示実施後の住所と本籍、不動産の表示はどうなるのかを知りたい。

     住居表示後の住所は、新しい「町名」、「街区符号」、「住居番号」によって表します。本籍および不動産の表示は、町名のみが変更になります。
    《実施前》
    指宿市  十二町  ××番地
          (旧町名)  (地番)
    《実施後》
    【1】住所の表示例    
    指宿市 ●●一丁目  ▲番    ■号
        (新町名) (街区符号) (住居番号)
    【2】本籍の表示例    
    指宿市 ●●一丁目  ××番地
         (新町名)    (地番)
    【3】不動産の表示    (本籍の表示と同じ)

    関連リンク

    建物を新築したら、住居表示の申請を

  • 住所が別々でも婚姻届を提出することはできますか。

     住所が別々でも婚姻届を提出することはできます。住所の異動を伴う人は、婚姻届とは別に住民異動届の手続きが必要です。
    1.提出書類 :婚姻届※20歳未満の人が婚姻する場合は父母(養父母)の同意が必要です
    2.届出期間 :任意
    3.届出窓口 :2人の本籍地、所在地のいずれか1カ所
    4.届出人 :婚姻する2人(男性18歳以上、女性16歳以上)
    5.記入方法 :婚姻届に婚姻する人の署名と押印(ゴム印不可)、20歳以上(外国籍の方でも可)の証人2人の署名と押印(ゴム印不可)
    6.必要なもの: (1) 婚姻する二人(夫婦)の旧姓の印鑑 (2) 戸籍全部事項証明 (3) 届出人の本人確認のできるもの(運転免許証・パスポート・健康保険証など (4)国民健康保険被保険者証(加入者のみ) (5) 親の同意書(20歳未満の人のみ)

  • 住所と本籍の表示が違うのはなぜですか。

     住居表示の住所は建物の番号である住居番号を使うのに対し、本籍は土地の番号を使うものだからです。住居表示実施区域内での本籍は、地番を使うか、住居表示から住居番号を除いた街区符号のどちらかを使うことができます。
    【地番を使った例】     指宿市○○一丁目▲▲番地■
    【住居表示を使った例】  指宿市○○一丁目▲番■号

    関連リンク

    建物を新築したら、住居表示の申請を

  • 住所変更の届出を代理人ができますか。

     住所変更の届出 を代理人が行うことは可能ですが、委任状が必要です。
    1.提出書類 :(1)転入届、(2)転出届、(3)転居届
    2.届出期間 :(1)(3)引っ越した日から14日以内。(2)引っ越しする前日まで
    3.届出窓口 :市民生活部市民協働課または、市民福祉課(山川・開聞)または、分室(池田・今和泉)
    4.届出方法 :窓口にて直接
    5.受付時間 :平日の8:30~17:15

    関連リンク

    住民異動届

  • 【1】住民票コード通知書を紛失してしまったのですがどうしたらいいですか。【2】住民票コードは、なぜ必要なのですか。【3】送られた住民票コード通知書は保管しなければいけないのですか。【4】住民票コードの番号は、変更できますか。

     【1】紛失したときの手続き
    【本人または世帯員が、窓口に来る場合】
     窓口に用意してある「住民票証明書等請求書」に記入し提出してください。その際、窓口に来る人の本人確認書類(健康保険証・運転免許証・パスポート・年金証書など)を必ず持参してください。その場で、住民票コード通知票をお渡しします。
    【本人に依頼された代理人が、窓口に来る場合(この場合も本人が申請者になります)】
      「住民票証明書等請求書」に記入し窓口に提出してください。その際、本人と窓口に来る代理人それぞれの本人確認書類(健康保険証・運転免許証・パスポー ト・年金証書など)を必ず持参してください。代理人が来る場合は、その場では住民票コード通知票をお渡しできません。後日、本人の自宅に郵送します。
     【2】本人確認の時に、氏名や住所など情報の検索を、文字で行うよりも正確・迅速にするためです。
     【3】大切に保管してください。国や都道府県等の公的機関が本人確認をする際に必要となる場合があります。
     【4】住民票コードは申請により、番号を変更することができます。ただし、番号を選ぶことはできません。
    1.申請できる人:15歳以上の本人もしくは法定代理人
    2.申請窓口:市民生活部市民協働課または、市民福祉課(山川・開聞)
    ※分室(池田・開聞)ではできません。
    3.受付時間:平日の8:30~17:15

  • 住民票コードは、どんなときに利用するのですか。

     住民票コードは、各市町村長がコンピュータで自動的、無作為に作成した11桁の数字で、他の市区町村へ引っ越しをする際や年金の現況届等に利用します。住 民票コードを引き続き引っ越し先の住民票に記載するために、窓口で番号を届出書に記載したり、パスポートの申請、年金の現況届に記載したりする必要があり ます。民間の事業者が利用したり、このコードを聞き出したり、書面に書かせるなどの行為は、住民基本台帳法で禁止されています。

  • 住民票、戸籍等の内容を電話で問い合わせることができますか。

     電話では住民票、戸籍等の個人情報に関する内容はお答えできません。住民票、戸籍等を請求した上で記載内容を確認してください。

  • 住民票、戸籍謄本等の申請を委任する際の委任状の書式を知りたい。

     委任状の書式については関連リンクをご覧ください。なお、委任状の用紙は任意です(便書等)

    関連リンク

    委任状記入例

  • 住民票の写しが必要なときはどうしたらいいですか。

     住民票の写しの請求方法には、窓口、郵送、電話予約(休日交付のみ)、電子申請があります。

    関連リンク

    住民票の写しの請求

  • 出生届を提出後、子どもの名前の変更はできますか。

     家庭裁判所の許可があれば、出生届提出後でも、子どもの名前を変更することができます。
    【変更方法】
    (1) 居住地を管轄する家庭裁判所に、名の変更許可の申し立てをします。
    (2) 許可後、審判書の謄本とともに名の変更届を所在地または本籍地に提出すると戸籍および住民票の名前が変更になります。
    ※本籍地以外の市役所等に提出するときは、戸籍謄本が必要です。

  • 人名に使える漢字を教えてほしい。

     常用漢字と人名用漢字です。詳しくは窓口で相談してください。

  • 世帯の変更や世帯主の変更があったときはどうすればいいですか。

     世帯主を変える、世帯を分ける、合併するなど、世帯に変更のあった場合は、変更のあった日から14日以内に市民生活部市民協働課または市民福祉課(山川・開聞)、分室(池田・今和泉)に届け出てください。
    1.届出人 :本人・世帯主または代理人
    2.届出方法 :直接窓口へお越しください。
    3.受付時間 :平日の8:30~17:15
    4.必要なもの:運転免許証・パスポート等
    5.注意事項 :代理人が届ける場合は、委任状が必要です。届出内容を本人によく確認してください。

  • 建物(家等)を新築したので、住居表示を知りたい。

     住居表示実施区域内に建物を新築した場合は、新築届(第2号様式)を提出していただきます。
     また、新築の場合は、新たに住居番号を付けることに なりますので、建物の主な出入口を確認する必要があります。総務部市長公室政策推進係に印鑑(認印可)と建物の主な出入口が分かる図面を持ってお越しくだ さい。なお、建物の主な出入口が分かる図面がない場合は、現地を調査し住居番号を決めることになります。
     新築届(第2号様式)は、ホームページの申請書ダウンロードにも掲載してあります。

    関連リンク

    建物を新築したら、住居表示の申請を

    申請書ダウンロード

  • 建物が建っていない土地も住居表示の番号が付きますか。

     住居表示は、建物に番号をつけてこの番号を住所に使う制度です。建物がない土地(駐車場や空き地など)には住居表示の番号は付けません。この場合、所在地は土地の地番で表すこととなります。

    関連リンク

    建物を新築したら、住居表示の申請を

  • 電話で各種届出書類を請求することはできますか。

     電話による届出書の請求は受け付けておりません。
     戸籍関係の各種届出書類は全国共通の様式となっておりますので、お近くの市役所、出張所等で入手してください。
     転入、転出、転居届等、住民基本台帳関係の届出書については、各市により様式が異なりますので、指宿市民の場合は市民生活部市民協働課または、山川・開聞支所市民福祉課で入手してください。